健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ハーバー研究所 / 「平成19年3月期第3四半期決算説明会」を開催


[2007/02/09]
(株)ハーバー研究所(本社東京都千代田区、小柳昌之社長)は9日、「平成19年3月期第3四半期決算説明会」を行った。 平成19年3月期第3四半期の売上高は対前年比1%増の81億9000万円、通期では対前年比5%増の113億2000万円を見込んでいる。品目別に見ると、化粧品は前年度秋にリニューアルしたメイクアップ化粧品が4.4%増となったが、基礎化粧品が1.5%減と微減、対前年同期比1.9%減となった。基礎化粧品が微減となった理由は、前年同期はアウトレット販売を行ったり、VCローションの徳用サイズを発売するなどプラス要因があったが、今期はそうしたプラス要因がなかったためとしている。そんな中で美容液「うるおい伝説」は209%増と大きな伸びを示した。 一方、栄養補助食品等は前年度下期に発売した、デトックス・代謝サプリ「リポ酸Q10・エナジー5」、冷え性対策サプリ「深温健美源」が通年で寄与、及びグループ会社、プライムハーバーへのOEM供給により対前年同期比21.8%増を達成した。 売上総利益は美容液「うるおい伝説U」の発売記念半額キャンペーンを行ったことにより対前年同期比0.8%減となったが、販売促進費が対前年同期比22.9%削減したこと、ポイント引当金の繰入による特別損失がなくなったことなどから、純利益は145.3%増の4億9900万円となった。 今後の施策としては、第4四半期でも「うるおい伝説U」販促キャンペーンを継続、TVCMやチラシによる販促活動を強化することで新規顧客の獲得を強化、1月に美容に関する女性クチコミサイト「リミレス」を開設、2月にはオンラインショッピングサイトの全面リニューアルを実施し、ユーザビリティ、ネットマーケティングの強化をはかっていく。 また、3月に100%出資子会社、ビューティジーンを通じ10代後半〜20代顧客の開拓を行うと共に、三越ブランドのアンチエイジング化粧品「凛と」の製品供給が始まっているが、今後とも他社との提携及びOEMについて進めていく考え。
つぶやく
関連ニュース
セ男性型脱毛症と低身長に遺伝的な関連
セ3/22 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉[日清ファルマ]等 追加3製品を公表)/消費者庁
セハラール製品の輸送を実施 宗教洗浄した鉄道コンテナを利用/日本通運(日通)
ソ今週のアクセスランキング
1.汗が過剰に出る理由は?
2.イミュ / アンダーヘア用トリートメントが水着シーズンに向け好調
3.扁桃やアデノイド摘出術後の症状を和らげる
4.東日本大震災にともなう上場企業の被害状況を発表
5.第6回 機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会の開催について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO