健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

蒟蒻屋 / コンニャク由来のダイエット食品「結果がダイエット」の拡販をはかる


[2007/02/07]
蒟蒻屋 / コンニャク由来のダイエット食品「結果がダイエット」の拡販をはかる
(株)蒟蒻屋(本社埼玉県鴻巣市、櫻井誠也社長)は、ジュースタイプの健康食品「結果がダイエット」を化粧品販売会社やドラッグストアに拡販したい考え。現在の販路は自社ネットショップ、カタログ通販、フィットネスクラブ。 同製品は、コンニャク由来の食物繊維"グルコマンナン"2500mgを含むもので、東京薬科大学薬学部との共同開発により板コンニャク1枚分を液化濃縮したもの。"グルコマンナン"は(1)体内で水分と一緒になることでかさが増え、満腹感が得られ、(2)食前に摂取すると胃に膜を張り糖分や脂肪分の吸収を阻害、(3)消化酵素では分解できないので体が異物として判断、腸で早く排出させようと蠕動運動が活発になり便秘の解消につながり、(4)腸内環境が良くなった結果、体の基礎代謝を向上させる――というもの。 さらに配合された"フラクトオリゴ糖"が腸内の善玉菌を増加させ腸内環境を整え便通を改善し、"グルコマンナン"と相乗効果を発揮する。腸内環境が整い肌の調子も良くなってくるところへ、含有するコンニャク由来"セラミド"が皮膚の保湿機能を改善、水分の蒸散や外部からの刺激・細菌の進入を防ぐ働きをする。また、メラニンの合成を抑え、シミを防ぐ役割も果たす。 ダイエット効果については、コントロール群を設置し1群5匹の10週令の肥満ラットに液状コンニャク80mg/kg体重投与(X1投与群)、あるいは800mg/kg体重投与(X10投与群)する7日間の動物実験を行った。その結果、(1)TG(体の脂肪の度合いを示す因子)はコントロール群と比較してX1投与群、X10投与群共に減少傾向を示し、(2)体脂肪量はコントロール群と比較してX1投与群、X10投与群共に減少傾向を示し、(3)LDL-コレステロールはコントロール群と比較して減少傾向を示し、(4)遊離脂肪酸(脂肪の燃焼を示す因子)はコントロール群に比較してX1投与群、X10投与群共に有意に増加が認められた。 味わいはにんじん果汁入りで美味しく仕上げた。税込み価格は1本・200ml×24本入りで8400円。
つぶやく
関連ニュース
セ中年期の起立性低血圧が後の認知症リスクに関連
セ「非加熱コールドプレス製法」のスーパーフード飲料を発売/フルッタフルッタ
セ振ってから飲む寒天ゼリー飲料を発売/伊藤園
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.緑イ貝にアスピリンより強力とのエビデンス
3.機能性表示食品の減塩ロースハム、ハーフベーコンを発売/日本ハム
4.3/16 機能性表示食品の届出情報(歩くチカラ[ハルメク]等 追加5製品を公表)/消費者庁
5.3/15 機能性表示食品の届出情報(ぱぱゼリーA ピーチ味[伊那食品工]等 追加6製品を公表)/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO