健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

コンビウェルネス / 特許公開中ダイエット食品をテレショップで月間1万個販売


[2006/12/11]
コンビウェルネス / 特許公開中ダイエット食品をテレショップで月間1万個販売
コンビウェルネス(本社東京都台東区、大石利光社長)のダイエット食品「ビークォーター スリムコンプリメボーテ」の11月度販売数が、テレショップ4回だけの放送で1万個に達した。販路はテレショップのほか、コナミ(株)の運営するスポーツクラブのみ。現在、生産体制が追いつかず、現在年間20万個を販売する生産体制を整えているところだという。 同製品は、脂肪燃焼効果のある"カフェイン"と"スーパーガルシニア"をW配合しており、同製品を摂取して運動することにより、何も飲まずに運動した場合に比べ脂肪の燃焼が相乗効果で2倍になることを体力医学会で発表、特許公開中のもの。"スーパーガルシニア"とは有効成分である"ヒドロキシクエン酸"を6割含む、従来の"ガルシニア"より純度の高い素材。ほかに"L-カルニチン"と"コエンザイムQ10"を配合。TV番組のダイエット特集の解説者として活躍する四国学院大学院・漆原光徳教授が監修している。 メカニズムは、"カフェイン"が脂肪を分解し、遊離脂肪酸になったものを"L-カルニチン"がミトコンドリアまで運び、燃焼するのを"コエンザイムQ10"が促進するというもの。また"スーパーガルシニア"は、時間が経って遊離脂肪酸が脂肪に変わり吸収されるのを防ぐ。 四国学院大学院が"L-カルニチン"と"コエンザイムQ10"を含まない旧バージョンで131人に対し3ヵ月間の臨床試験を行ったところ、BMI25以上の肥満者51名が平均5.2kg、BMI25以下の非肥満者80名が平均3.2kg減量した。また、新バージョンである同製品で同社が10人に対し1ヵ月半の臨床試験を行ったところ、平均で体重が5.52kg、体脂肪率が3.43%減った。最も体重が減った人は10.5kg、最もウエストが減った人は19.5cm減った。急激に痩せるが、BMI122程度になると体重が安定するため、危険性はないという。 運動前に摂取する競合製品には"アミノ酸"飲料があるが、"アミノ酸"は腸で吸収されるため効果を発揮するまで45分程度かかるのに対し、同製品は胃で吸収されるため15分で効果が得られる即効性がある。 1日6粒を1度に飲むと効果があるように設計されている。税込み価格は8400円。
つぶやく
関連ニュース
セサロンでのハンドテクを参考に開発 スカルプ&ビューティーケア機器を発売/アデランス
セ店販用 機能性表示食品「潤う るつやセラミド」を発売/日本製粉
セブラジルにおける化粧品素材事業について/住友商事
ソ今週のアクセスランキング
1.犬用健康補助食品「『ペットラボ』皮ふ健康サポート」を新発売/アサヒカルピスウェルネス
2.ココナッツジャパン株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
3.睡眠時無呼吸のセルフケア
4.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
5.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO