健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ライオン / “ローズマリーエキス”と“オトギリソウエキス”に殺菌だけでは消臭できない体臭の発生抑制効果と発表


[2006/12/06]
ライオン(株)(本社東京都墨田区、藤重貞慶社長)生物科学研究所は11月22日、「第59回SCCJ研究討論会」で"ローズマリーエキス"と"オトギリソウエキス"に殺菌だけでは消臭できない体臭の発生を抑制する効果があることを発表した。この研究は、県立広島大学生命環境学部との共同による。 臭い物質の1種である"カプロン酸"を含む皮脂成分"トリグリセリド"をモデル皮脂として用い、同社植物ライブラリーの中から生理活性作用のある152種の植物成分について臭い発生抑制効果を調べた結果、"ローズマリーエキス"に高い効果があることが分かった。また殺菌で抑えられる臭い物質量は5割程度であるのに対し、殺菌処理後に"ローズマリーエキス"を加えると臭い物質発生量は8割以上抑制されることを確認した。 さらに脂質分解酵素(リパーゼ)の活性阻害を調べたところ、殺菌剤では17%であるのに対し、"ローズマリーエキス"は73%を示した。このことから、"ローズマリーエキス"の高い体臭抑制効果は、酵素の働きを阻害したことによるものと推察される。 また垢に含まれる"ロイシン"が体臭の代表的な臭い物質である"イソ吉草酸"を発生させることから、"ロイシン"を用いたモデル系で152種の植物成分について臭い発生抑制効果を調べたところ、"オトギリソウ"と殺菌剤を組み合わせることで臭い物質の発生を抑制することが確認された。 "オトギリソウエキス"が菌を死滅させずに体臭抑制効果を示したことから、"ローズマリーエキス"と同様なメカニズムで臭い物質の発生を抑制したと同社ではみている。 同社は、2007年春に"ローズマリーエキス"と"オトギリソウエキス"を配合した制汗デオドランド剤を発売予定。
つぶやく
関連ニュース
セ資生堂ビューティートレンド研究チームが2017年春夏の街頭トレンドを解説 今季メイクは「ピンクブーム」が熱い!/資生堂
セ通販ブランド『米肌』から、「活潤リフト化粧水」を発売/コーセープロビジョン
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.機能性表示食品のサプリメントウォーターを2種発売/キリンビバレッジ
5.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO