健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ライオン / 団塊世代に歯のアンケート調査を実施


[2006/11/30]
ライオン(株)(本社東京都墨田区、藤重貞慶社長)は首都圏に住む56〜60歳の団塊世代サラリーマン夫妻101組を対象に、歯に関するアンケートを行い、発表した。 同調査によれば、「歯の健康に自信がない」のは夫61%、妻64%。自信がない理由は、夫77%、妻48%が「歯に食べ物がはさまる」からとなっている。「ここ数年で歯に対する健康意識が高まった人」は夫67%、妻64%。その理由は、(1)健康全般への関心の高まり、(2)歯と全身疾患との関係、(3)歯科医院への通院だった。「歯に対する健康意識の高まりで変化した行動」のトップは、「歯みがき回数が増えた」で、夫・妻共に4割を超えた。「ハミガキ剤を変えた」とする回答は約3割だった。 「歯槽膿漏はどのような状態」かを知っている人は夫・妻共にほぼ6割となった。一方、「自分は歯槽膿漏だと思うか」の問いに「いいえ」と答えた人は6割以上で、「はい」と答えた人は夫18%、妻4%に過ぎなかった。しかし、平成11年に厚労省が行った「歯科疾患実態調査」では55〜64歳で歯周炎(歯槽膿漏)にかかっている人は約50%で、実態との開きがあり、自覚症状がない人が多いのが分かる。 「お口の健康目標」は、夫51%、妻46%が「自分の歯で美味しく食べ続ける」をトップに挙げている。以下、「これ以上歯を減らさない」、「不快な口臭防止」と続く。
ライオン / 団塊世代に歯のアンケート調査を実施
つぶやく
関連ニュース
セ日本初上陸!タイのボディケアブランドからサマーセット ナチュラルデオスプレーを発売/コビック・ケイト・インターナショナル・ジャパン
セ5/18 機能性表示食品の届出情報(HMBチャージ/3-ヒドロキシ-3-メチルブチレート(HMB)《佐藤園》)等[追加5製品 / 合計1,371製品]/消費者庁
セ植物由来の糖類「パラチノース?」が機能性関与成分の対象に/三井製糖
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.16色の赤い口紅を発売/資生堂
3.特定商取引法違反の電話勧誘販売業者に対する業務停止命令について/消費者庁
4.「ヤクルトの国産ケール青汁」を新発売/ヤクルトヘルスフーズ
5.疲れ目はビジネスにマイナスです
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO