健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

マリンプロジェクト / 新原料「グリーンウーロン茶」を発売、サンプル配布開始


[2006/11/15]
マリンプロジェクト / 新原料「グリーンウーロン茶」を発売、サンプル配布開始
健康食品の受託製造・食品原料の企画開発を行うマリンプロジェクト(本社静岡県、三浦吉恵社長)はこのほど、新しい食品原料「グリーンウーロン茶」を発売、サンプル配布を開始した。 同原料は、ウーロン茶の機能性を保持しつつ、抹茶の風味を生かした味わい。台湾ウーロン茶を特殊製法により、通常のウーロン茶を作る過程の半発酵よりも軽い微発酵を行うことで、この機能と風味を実現した。抹茶の風味ながら、日本緑茶よりも豊富な"カテキン"と"テアニン"を含有。"カテキン"には血圧上昇抑制作用、血中コレステロール調節作用、血糖値調節作用、抗酸化作用、老化抑制作用、抗突然変異作用、抗ガン作用、抗菌作用、抗アレルギー作用など多様な生理活性作用が報告されている。"カテキン"を豊富に含有することからSOD(活性酸素)力価も160000unit/gと非常に高くなっている。またまた"テアニン"は精神のリラックス作用があると共に、茶の旨み成分でもある。原料には完全無農薬・無化学肥料栽培によるベトナム産の茶葉を使用した安全性の高さを持ち、来年1〜2月にJASの有機農産物の認可を取得予定だ。 種類は「抹茶タイプ」と「粉末タイプ」の2種類。「抹茶タイプ」は抹茶の栽培方法である「かぶせ」により栽培したもので、最も鮮やかな緑色で"テアニン"を豊富に含有することから、アイスクリームやパン、ガムなど美味しさと色彩の美しさが要求される一般食品への配合に適している。また高付加価値の抹茶としての需要も見込む。「粉末タイプ」は「抹茶タイプ」よりもリーズナブルなので、健康食品、特定機能食品、化粧品などの利用に向いている。 なお、栽培法、製造法、粉砕法共に特許を出願中だ。また現在、製品化例としてこの原料を使用してスティック包装タイプの「冷水分散加工茶」、噛んで食べる健康食品「チュワブル錠」などの製品サンプルを製造し、希望者に提供している。
つぶやく
・関連ニュース
4/24 機能性表示食品の届出更新(Moist charge/エリオジクチオール-6-C-グルコシド《ライオン》)等[追加21件 / 合計1,979件]/消費者庁
4/24 【撤回】機能性表示食品 更新情報/消費者庁
4周年迎えた機能性表示食品が令和時代へ向け、制度の在り方検討
・今週のアクセスランキング
1.ランナーは寿命が長い、ただし過剰なランニングは心臓に有害
2.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
3.全自動迅速同定・感受性測定装置ライサス(R) S4を発売/日水製薬
4.デアコスメティックス / 「デアサス ピート・リフティング・パック」の累計販売数が1万8000本に
5.「ハトムギ泡洗顔」を発売/ココカラファイン
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO