健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

オリジン生化学研究所 / 発酵古代米の免疫活性化機能に関するシンポジウム「日本臨床食物機能研究会第一回学術集会」を開催


[2006/11/10]
(株)オリジン生化学研究所(本社東京都中央区、前田浩明所長)は12日、同社が開発・販売する発酵古代米機能性食品の生理活性、糖鎖化学、糖鎖栄養学などの基礎研究に関する講演を中心とした学術集会を中央大学駿河台記念館(東京都千代田区)にて開催する。この「日本臨床食物機能研究会」(略称:臨食研/JAFCAR)の設立にあたり同社は事務局を務め、同会の会長などは設立発起人の医学博士・教授陣から今後選出する予定だという。 同社所長で農学博士の前田氏は食品栄養学・食品機能学を専門とする免疫活性物質研究の第一人者で、民間企業にて抗植物ウィルス剤"レンテミン"や菌糸体培養抽出物"AHCC"、米ぬかアラビノキシラン誘導体"バイオブラン"などの開発を手掛けてきた。免疫活性物質の研究者である前田氏のもとには、統合医療の現場などからこうした機能性食品を臨床に応用するための新しい研究・勉強の場がほしいという要望が寄せられてきた。これを受けて今回、同研究会を設立するに至ったという。
オリジン生化学研究所 / 発酵古代米の免疫活性化機能に関するシンポジウム「日本臨床食物機能研究会第一回学術集会」を開催
第一回学術集会の講演スピーカーは、「糖鎖生化学の基礎」に関して大阪府立大学大学院・北村進一教授、「糖質と腸内フローラ」に関して東京大学農学部・光岡知足名誉教授、「術後食について」富山医科薬科大学医学部・田澤賢次名誉教授など。国立大学法人弘前大学食物学研究室と同社の共同研究によって開発された「発酵古代米」の機能成分と生理活性についても報告される。 参加を呼びかけた対象は医師、歯科医師、獣医師、薬剤師、薬種商、看護士、臨床検査技師、栄養士、鍼灸師、大学・研究機関の基礎研究者、関連企業の研究者、学術担当者などで、すでに130名以上の参加申し込みがあるという。西洋医学、東洋医学、中国医学の垣根を取り払って各専門分野の研究内容や臨床データを互いに発表し、機能性食品が医療の現場で果たす役割を検証していきたいとしている。 「病気の治療は医師にしかできませんが、医薬品や化学療法がすべてではない、食品と薬の両輪が必要だと考えています。病院で点滴を受けながら寝たきりでは自然治癒力の回復は難しい。この会で医師たちを含め各専門分野の方々に食品の機能を医療の現場で活用することへの理解を求め、患者さんたちのQOL向上に貢献できるようなエビデンスを臨床によって得ていきたい」と話す前田氏。
オリジン生化学研究所 / 発酵古代米の免疫活性化機能に関するシンポジウム「日本臨床食物機能研究会第一回学術集会」を開催
機能性食品がアンチエイジング、高齢化社会を寝たきりにならずに元気に過ごすための有用なものであることを実証するために、統合・代替医療の現場で臨床を進めていきたいという。これはトクホや健康食品と一線を画し、病人の治療に機能性のある食品を"食べる"ことを取り入れる一種の食事療法を提案していく、というものだ。"治療"という、いわばタブー視されていた分野に一歩踏み込んだ形となる。将来的にはシンポジウムから学会へと発展させ、臨床データの発表の場にしていきたい考えだ。
つぶやく
関連ニュース
セスポーツニュートリション向けの素材 スポーツ乳酸菌「TWK10」の供給を本格的に開始/蝶理
セ米胚芽由来グルコシルセラミドを関与成分とした粉末顆粒食品による「肌の乾燥が気になる方に適する」特定保健用食品の許可を取得 /ポーラ化成工業
セ1300人が選んだ「2017 年間ベストコスメ 30」決定!〜「コスメニスト」初のベストコスメ特集を公開〜 /全研本社
ソ今週のアクセスランキング
1.11/29 機能性表示食品の届出情報(骨の健康が気になる方の絹とうふ/大豆イソフラボン《四国化工機 》)等 [ 追加4製品 / 合計1,183製品 ]/消費者庁
2.「ITはなびらたけ」が日本初のジャパニーズスーパーフードに認定/インタートレード
3.医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律違反業者に対する行政処分(業務停止)について/東京都
4.食べる前によく考えよう
5.認知症対策になる脳の刺激方法は
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO