健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬 / 契約ほ場が有機JAS認定を取得、2007年春以降大麦若葉を有機農産物として格付け


[2006/10/25]
(株)東洋新薬(本社福岡県福岡市、服部利光社長)が熊本県内に管理する総面積5401アールの契約ほ場が、有機農産物の日本農林規格認定の技術的基準に適合と判断され、「有機JAS認定」を取得した。 同社が管理している熊本県内175カ所におよぶほ場が「有機JAS規格」を遵守して有機農作物の栽培をするため、「(株)東洋新薬 有機農産物栽培者の会」が生産工程管理者として種苗、肥培、器具、収穫、輸送に至るまであらゆるプロセスを厳しく管理。 2007年春以降、このほ場で収穫する「大麦若葉」を順次有機農産物として格付け(生産工程が有機JAS規格に適合していることを確認し、有機表示をして出荷)する予定で、有機栽培の「大麦若葉」としては日本最大の年間収穫量を見込んでいる。 今後は「甘藷(かんしょ)若葉」("すいおう"というさつまいもの一種)や「ケール」の有機栽培面積も拡張していく考え。 同社は「環境保護に対する意識の高まりから、有機農産物に対するニーズは世界的に高まっている」とし、農薬や化学肥料を使用することなく収穫量や品質をコントロールしながら栽培計画を達成するという、難度の高い課題に取り組んでいく。
つぶやく
・関連ニュース
グルコラファニン含有ケール青汁の継続摂取が肌の保湿機能を改善/ヤクルトヘルスフーズ
60億円投じ新工場建設 製造能力 3.5倍に/ナリス化粧品
ラクトフェリンがヒトノロウイルスのヒト細胞への感染を抑制することを観察/森永乳業
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本初の”体形百貨店”をオープン
3.ストレスチェック義務化に対応したメンタル対策強化支援サービスを開始/キヤノンマーケティングジャパン
4.ビフィズス菌を含む乳酸菌飲料の継続飲用で消化器症状を改善する効果を確認/ヤクルト
5.1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO