健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ディー・エヌ・エー / インターネット版中間卸問屋の開設を発表、「健康ビジネスEXPO」ほか複数のB to Bサイトとの提携も


[2006/10/25]
(株)ディー・エヌ・エー(本社東京都渋谷区、南場智子社長)は、インターネット上の卸問屋「ネッシー(NETSEA)」を11月21日に開設することを発表した。サプライヤー(卸・メーカー)とバイヤー(ネットショップ・実店舗)を結びつけるB to Bマーケットプレイスの役割を担う。 「ネッシー」は"ネットで仕入れ"の略称で、サプライヤーとバイヤーを結びつけるB to Bマーケットプレイスの役割を担い、中間卸として機能。サプライヤーにはEC機能・バイヤーの情報・販売代金回収代行業務、バイヤーには商品情報・サプライヤーの情報・決済サービスなどを提供していく。 従来の商取引ではサプライヤーとバイヤーの中間卸の場合、商圏の範囲が限定されがちだが、「ネッシー」においては商圏や小売店の規模にとらわれないため、仕入先を探している多数のバイヤーが集まり、サプライヤーにとって新規バイヤーの獲得が容易となる。バイヤーにとっても、いつでもどこからでも、「ネッシー」を利用して必要な商材を探し、必要なときに必要な数だけ仕入れることが可能となる。 決済方法についてはオリックス(株)(本社東京都港区、藤木保彦社長)と提携し、同社がバイヤーの与信審査とサプライヤーの販売代金の回収を代行。これによりサプライヤーは、バイヤーに対して行う審査・与信業務を大幅に簡略化でき、さらにバイヤーと取引する際に懸念される代金回収リスクを負うことなく取引できるというメリットがある。また同社がバイヤーと支払委託契約を締結するため、サプライヤーは支払委託契約に基づき、同社から売買代金を一括で受けることができ、管理コストの大幅な削減が可能となる。 サイト開設時には、出品カテゴリを雑貨、生活用品、アパレル、美容・健康などからスタートし、順次他のカテゴリを拡大予定。「ネッシー」には、オークション&ショッピングサイト「ビッダーズ」に出店する法人店舗(2311店:6月末時点)がサプライヤー・バイヤーとして参加する。また、他社のB to Bサイトと提携・連携することで「ネッシー」への新規参加者を誘導していきたいとしている。 現在提携が決まっているサB to Bサイトは、「健康ビジネスEXPO」(サプライヤー900社/バイヤー9500社)、「B-tas(ビータス)」(サプライヤー2572社/バイヤー7521社)、「ザッカネット」(サプライヤー1826社/バイヤー3178社)。美容健康カテゴリに関してはリアルコミュニケーションズが業務協力し、サービススタート時より人気商品での特設会場の設置を行う予定。
つぶやく
関連ニュース
セ資生堂ビューティートレンド研究チームが2017年春夏の街頭トレンドを解説 今季メイクは「ピンクブーム」が熱い!/資生堂
セ通販ブランド『米肌』から、「活潤リフト化粧水」を発売/コーセープロビジョン
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.機能性表示食品のサプリメントウォーターを2種発売/キリンビバレッジ
5.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO