健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬 / 葛の花エキスの体脂肪低減作用を確認


[2006/09/06]
(株)東洋新薬(本社福岡県福岡市、服部利光社長)は、8月28〜30日に開催された第53回日本食品科学工学会にて葛の花部の抽出物である「葛の花エキスTM」の体脂肪低減作用を確認したことを発表した。 マメ科のつる性植物の葛は乾燥させた根が漢方薬の原料として使用されているが、同社の研究により花部にも高い健康効果があることがわかった。体脂肪に及ぼす作用を測定するため、脂肪の蓄積、分解、燃焼の3つの側面から試験を実施した。 脂肪蓄積抑制作用の試験は、マウスの前駆脂肪細胞(脂肪になる前の細胞)に「葛の花エキスTM」を添加した培養液で分化させた結果、コントロールと比較して細胞内の脂肪蓄積が萎縮あるいは減少し、20%以上抑制されることが確認された。
東洋新薬 / 葛の花エキスの体脂肪低減作用を確認
脂肪分解作用に関する試験は、マウスの脂肪細胞に「葛の花エキスTM」を添加し、遊離グリセロール(脂肪が分解されるときに発生する物質)量を測定した結果、コントロールと比較して有意に高値を示し、5倍以上の脂肪分解作用が確認された。 また脂肪燃焼作用の試験は、ラット褐色脂肪細胞(脂肪を燃焼させる機能を有する細胞。この細胞の数が多いほど脂肪が燃焼しやすい)に「葛の花エキスTM」を添加した結果、コントロールと比較して遊離グリセロール量が有意に高値を示し、かつ脂肪細胞の萎縮が認められたことから、脂肪燃焼作用が確認された。 以上3つの試験により「葛の花エキスTM」が体脂肪を減少させる可能性があるとして今後も生体内での検証を実施、その機能性をさらに解明していく考え。
つぶやく
関連ニュース
セ10/20 機能性表示食品の届出情報(EPAチャージ グレープフルーツ味/EPA・DHA《日本水産》)等 [ 追加9製品 / 合計1,137製品 ]を公表/消費者庁
セ油分・水分を自在に混ぜる新乳化技術「コアコロナ乳化」を開発/資生堂
セ40 代から 50 代の女性へ向け ナチュラルスキンケアを 2018 年秋に発売 /ポーラ・オルビスグループ
ソ今週のアクセスランキング
1.クレアボーテ / 「ベルサイユのばら入浴料」が4種合わせて累計22万個販売の人気に
2.米ガイドライン、60歳以上の降圧薬処方基準を緩和
3.「マジックマッシュルーム」でがん患者の絶望感を緩和
4.ステロイド成分を含有する不良化粧品の発見について/東京都福祉保健局
5.「虫よけ商品」販売業者4社に対する景品表示法に基づく措置命令/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO