健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ジュネシスヘルスケア / 遺伝子対応ダイエット食品が対前月比200%を達成


[2006/09/01]
ジュネシスヘルスケア / 遺伝子対応ダイエット食品が対前月比200%を達成
ジュネシスヘルスケア(株)(本社東京都港区、佐藤芹香社長)の扱う遺伝子対応ダイエット補助食品「マトリックスサプリメント」の8月期売上高が対前月比で200%となった。同社では、「遺伝子型ダイエットという新しいコンセプトが受けいれられたもの」(森勇二取締役)とみている。販路は、ネットショップ、携帯ショップ、バラエティストアなど。今後はバラエティストアでの全国展開を進めると共に、ドラッグストアにも拡販したい考え。 同社はこれまで人の肥満遺伝子と食事記録を調べ、体質に合ったダイエット法を栄養士がアドバイスするというビジネスを行ってきた。その累計調査件数は約1万人に上る。こうした経験を踏まえ、今回のダイエット補助食品の発売となった。 同製品は、内臓脂肪が溜まりやすいお腹ぽっこり型の人向けの「りんご型TMサプリ」、皮下脂肪がつきやすい下半身どっしりタイプ向けの「洋なし型TMサプリ」、筋肉や脂肪がつきにくいが太るとなかなか痩せない人向けの「バナナ型TMサプリ」がある。中でも人気が高いのは、日本人の34%が該当し女性に多く見られる「洋なし型TMサプリ」だ。
ジュネシスヘルスケア / 遺伝子対応ダイエット食品が対前月比200%を達成
「洋なし型TMサプリ」は熱産生に関与する肥満遺伝子"UCP1"に変異が見られる人向けの製品。こうした人は体温が35度台と低く冷え性の傾向が見られ、脂質の摂取によって太りやすく、1日の基礎代謝量が通常の人より80〜100kcal少ないため太りやすいのが特徴だ。そこで、体温を上げて血行を促進し代謝を上げる"カプサイシン"と"ココア"を配合。ほかに脂肪燃焼を促進する"ビタミンB群"、食事記録の分析の結果不足しがちであり女性の体調をサポートする"葉酸"や"イソフラボン"を加えた。食事前に摂取するのがベストだという。 同社では「あくまでダイエットをサポートする製品。『洋なし型サプリ』を摂取するだけでなく、同時に脂質を抑えた食事を摂ることや負荷をかける運動を行うことをお奨めします」(同)としている。 税込み価格は「りんご型TMサプリ」が90粒入り、「洋なし型TMサプリ」が60粒入り、「バナナ型TMサプリ」が60粒入りで2940円。
つぶやく
・関連ニュース
グルコラファニン含有ケール青汁の継続摂取が肌の保湿機能を改善/ヤクルトヘルスフーズ
60億円投じ新工場建設 製造能力 3.5倍に/ナリス化粧品
ラクトフェリンがヒトノロウイルスのヒト細胞への感染を抑制することを観察/森永乳業
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本初の”体形百貨店”をオープン
3.ストレスチェック義務化に対応したメンタル対策強化支援サービスを開始/キヤノンマーケティングジャパン
4.ビフィズス菌を含む乳酸菌飲料の継続飲用で消化器症状を改善する効果を確認/ヤクルト
5.ビルベリーの眼精疲労に対する働き方のしくみの一部が明らかに/わかさ生活
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO