健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ポーラ化粧品研究所 / “アルギン酸誘導体”の乳化剤活用に成功、油溶成分の浸透性高める


[2006/08/30]
ポーラ化粧品研究所(佐野文比古所長)は25日、海藻中に含まれる高分子物質"アルギン酸"の化学構造の一部を変えた"アルギン酸誘導体"により油を乳化することに成功、同成分を乳化剤として活用することで油溶成分の肌への浸透性を高めた処方開発が可能になったと発表した。 一般的な乳液は乳化剤を用いて水の中に油を分散させているが、時間の経過と共に油滴が凝集・合一し水と分離してしまうため、油滴の周りに膜を作り安定化させていた。しかし、油滴の安定化を高めすぎると乳液を皮膚に塗布した場合、油滴の一部が破壊されず、油滴中に含まれる成分の皮膚への浸透を妨げるなどの問題点があった。
ポーラ化粧品研究所 / “アルギン酸誘導体”の乳化剤活用に成功、油溶成分の浸透性高める
一方、"アルギン酸誘導体"を用いた乳液は油滴膜が柔らかいので、肌に塗布すると油滴が素早く崩壊する。そのため、油滴中の油溶成分の経皮吸収性が高く、従来の乳液と比較して浸透率は約2.4倍となった。使用感はなめらか。また油滴の凝集・合一を防ぐために"アルギン酸誘導体"で乳化した油滴同士を"アルギン酸"で架橋し、安定性を高めるという方法を採用、安定性を高めた。
ポーラ化粧品研究所 / “アルギン酸誘導体”の乳化剤活用に成功、油溶成分の浸透性高める
この研究成果は今秋発売の化粧品に生かされる予定。また、10月に大阪で行われる世界化粧品技術者会でも発表する。
つぶやく
関連ニュース
セ足の乾癬のケア
セ米国でがん死亡率の減少続く
セ『毒出し 酵素玄米ダイエット』を出版/主婦の友社
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.軟骨と筋肉に役立つ食品成分の組み合わせが中高年の通常歩行速度を上昇させることを確認/サントリーウエルネス
3.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
4.厚労省 / アガリクス製品2品目、発がん促進作用は認められず安全
5.MRI検査の特性と診断可能な疾患
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO