健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬 / 鹿角霊芝の免疫増強作用を確認、第23回和漢医薬学会にて発表


[2006/08/30]
(株)東洋新薬(福岡県福岡市、服部利光社長)は、"βグルカン"を豊富に含み、霊芝よりも効能が高いと言われる「鹿角霊芝」(サルノコシカケ科マンネンタケ)のマクロファージ貧食能試験と癌細胞増殖抑制試験を実施、免疫増強作用を確認した。この試験結果は8月26、27日に開催された第23回和漢医薬学会で発表された。 「鹿角霊芝」の効能に関する試験のひとつめは、免疫担当細胞であるマクロファージに関するもの。ラットから摘出した脾細胞に「鹿角霊芝」を添加した結果、濃度依存的なマクロファージ貧食能増強作用が確認された。貧食能とは異物を食べる働きのことで、このマクロファージ貧食能が増強されることで免疫機能が高まると考えられる。
東洋新薬 / 鹿角霊芝の免疫増強作用を確認、第23回和漢医薬学会にて発表
ふたつめの試験は、"YAC-1"と"MOLT-4"という2タイプの癌細胞に「鹿角霊芝」を添加し、癌細胞の増殖を抑制できるかどうかを調べたもの。 "YAC-1"では「鹿角霊芝」を添加した2日後に、50μg/mlの濃度で18.1%、100μg/mlの濃度で23.5%、200μg/mlの濃度で32.3%の細胞増殖抑制作用が確認された。 "MOLT-4"では「鹿角霊芝」を添加した1日後に、100μg/mlの濃度で11.1%、200μg/mlの濃度で25.4%の細胞増殖抑制作用が確認された。 同社は今後も「鹿角霊芝」の免疫増強に関する試験を継続し、有効成分の特定と活用に注力していく考え。
つぶやく
関連ニュース
セ銀座ロフトオープンを機に「初のプライベートブランドコスメ」を発売/ロフト
セ機能性表示食品「ハツラツQ10」を発売/キューサイ
セ新人医師の3割がフェイスブックに「不適切」投稿 ―米調査
ソ今週のアクセスランキング
1.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
2.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
3.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
4.家庭用医療機器 訪問販売業者に業務一部停止命令/消費者庁
5.ライフサポート「ダイエット食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】」/国民生活センター
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO