健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬 / フラバンジェノールRのシミ・くすみに対する治療効果を発表


[2006/08/23]
(株)東洋新薬(本社福岡県福岡市、服部利光社長)は、第24回日本美容皮膚科学会・学術大会において松樹皮抽出物"フラバンジェノール"の長期投与により、シミ・くすみに対する治療効果があることを発表した。 同研究は島根大学医学部皮膚科・古村南夫助教授、佐藤典子講師、福岡大学医学部皮膚科・中村樹一郎教授により実施されたもの。成人女性21名を"フラバンジェノール"40mg投与群9名とプラセボ群12名との2群に分け、15〜18ヵ月間投与を行った。この結果"フラバンジェノール"40mg投与群9名のうち、4名に老人性色素斑や肝斑などの改善が認められた。このほか頬部皮膚色測定を12月に投与を開始した群と4ヵ月後の翌年3月に投与を開始した群との2群に分け実施した結果、12月開始群は3月開始群と比較して、夏期におけるメラニン増加率が低い傾向が見られた。これらの試験結果により"フラバンジェノール"による表皮のターンオーバーが促進され、皮膚メラニン量を減少させる可能性があることが考えられる。 なお2004年10月の第22回美容皮膚科学会・学術大会においては成人女性77名に対し"フラバンジェノール"40mgを摂取させた医師より有用性を判定した。この結果シミ・くすみに対して"フラバンジェノール"が有用と認められた人は12週目で78%、24週目で91%と有意な結果が得られたと発表している。
つぶやく
・関連ニュース
東京大学とAI/IoTを活用「スマートかき養殖」実証実験を開始/シャープ
llexam(レクサム)風呂用水素生成器・電解式水素シャワーを発売/マクセル
初の美容特化型店舗『ビューステージ西武渋谷』オープン/アデランス
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.特定商取引法違反の電話勧誘販売業者に業務停止命令/九州経済産業局
3.抗酸化・代謝を正常化、シミ・そばかすを治療する「ハイチオールCホワイティア」新発売/エスエス製薬
4.医薬品成分を含有する3製品について/東京都福祉保健局
5.「特定細胞加工物製造許可」を取得。細胞培養受託を可能に/ロート製薬
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO