健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

世界を一つのマーケットと考え、グローバル企業へ/ファンケル


[2012/01/05]

(株)ファンケル(神奈川県横浜市、成松義文社長)成松社長が2012年1月4日、年頭訓示を行った。

グローバル企業への歩みを着々と進める同社は今年、化粧品事業のリブランディングを実行する。その鍵となるのが、本格的なグローバル化となる。

「当社の今年のテーマはグローバル化。4月には化粧品事業のリブランディングがスタート、その半年後には健康食品事業も新戦略のもと、事業の再成長を図る。いずれの事業も見据える先はグローバル、つまり世界」と成松社長は2012年の展望を力強く語った。

高齢社会や景気低迷で縮む国内マーケット。日本企業にとって、事業拡大を図る上で、もはやその市場を世界へ向けるとことは必須といっていい状況となっている。危機感を持って、そうした流れに向き合ってきた同社は、海外事業部門の強化を着々と進めてきた。

「日本の技術力、品質使いやすさ、安全性は世界中の消費者の支持を得ている。中国はもちろん、ロシアにおいても高い評価を受けている。メイドインジャパンブランドは大きな可能性を持っている。これからは国内外にとらわれず、マーケットは一つと考え、グローバルな視点で開発、生産、販売、マーケティングを統一し、国ごとの地域性を加味する発想で事業を運営していく」と成松社長はその戦略を明かした。

同社にとって大きな転換となる2012年。真のグローバル企業となるべく、日本の底力、ファンケルの底力をみせつけながら、“世界”へ飛躍を果たす。

つぶやく
関連ニュース
セDIC 子会社サンケミカル社の化粧品顔料が、天然系化粧品の欧州統一基準「COSMOS」認証を取得/DIC
セキムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
セタイ王国におけるスキンケア化粧品の販売開始について/第一三共ヘルスケア
関連ワードで検索
ファンケルグローバル化粧品成松社長
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
5.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO