健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

できたて高濃度水素水を楽しめる生水器セットを新発売


[2011/11/29]
できたて高濃度水素水を楽しめる生水器セットを新発売

シーオーツープラス(株)(広島県広島市、取締役社長:高橋弘美)は、作りたての高濃度水素水を飲むことができる、「水素発生剤HOD」(Hydrogen On Demand ※日本特許登録番号:4384227)と生水器「iBottle」(特許出願済み)のセット「iBottle - Hydrogen Healthcare Water on Demand」を2011年12月7日より発売する。自社ネットショップなどで販売する。

同製品は、独自に開発した水素発生剤と作りたての水素水を高濃度の状態で飲むことができる容器のセット。長年の試行錯誤の末、市販水素水の課題をクリアし、業界で初めて「作りたて水素水」の提供システム開発に成功した。

「以前から水素水の健康効果に着目していましたが、その特性から、製造、流通の過程でどうしても水素が気散するという課題がありました。そこで弊社ではそうした課題をクリアする全く新しい水素発生剤の研究開発に着手し、6年の歳月を経てこの製品の商品化に成功しました」と同社では説明する。

課題克服に同社が着目したのは、水酸化カルシウム。ただし、水との反応が早すぎるため、それを遅らせることに対策のポイントを置いた。その結果、水酸化カルシウムを糖類で包み込むことで反応を遅らせる技術開発に成功し、目的を果たした。

水素濃度にこだわる同製品だけに、使用法は少々慎重さが求められる。まずペットボトルに水道水、もしくは市販の天然水を注入する。その後、アダプター、内蓋取り付けていく。気密性が重要となるため、各パーツしっかりと締める必要がある。さらに使い捨ての消泡剤、水素発生剤などを慎重にセット。最後もボトルの圧迫や振動、攪拌などを行い、ようやく新鮮な水素水へとたどり着く。

最初は少々手間どるかもしれないが、消泡剤と水素発生剤以外は、半永久に使えるので、慣れてくればスムースにできるようなる。なにより、この一手間で、市販アルミ缶の水素水の5倍近い(同社調べ)水素濃度の水素水を堪能できることを考えれば、手間というほどではないかもしれない。

製品の税込の希望小売価格は消耗品の消泡剤と水素発生剤が30包入りで1万8,900円。

使い方の詳細はコチラ→http://www.kirei-cosme.jp/ibottle/guide.html

つぶやく
関連ニュース
セ「ポータブル高濃度水素水製造器」を発売/ビューティステーション
セサイクロンジャパン / 活性水素水を作る生成器「アクアオリア」が前月比30%増に
関連ワードで検索
水素水水素発生剤
ソ今週のアクセスランキング
1.3/25 機能性表示食品の届出情報(毎日これ1本EPA+DHAソーセージ[日本水産]等追加2製品を公表)合計265製品に/消費者庁
2.ヤクルト初のインターネット通販専用化粧品ブランド「ikitel(イキテル)」
3.「駅からはじめるヘルスケア」実証事業の開始について/ジェイアール東日本企画
4.姿勢専用マッサージチェア登場
5.輸入食品に対する検査命令の実施について (米国産セロリ及びその加工品)
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO