健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

アガリクス・ブゼライ協議会 / アガリクス・ブゼライ協議会9月設立へ


[2006/08/09]
(株)バイオセラピー臨床開発センター(本社東京都港区、豊田剛史社長)は1日、ホテルインターコンチネンタル東京ベイにて「アガリクス・ブゼライ協議会」を来月設立すると発表した。アガリクス・ブゼライとは通称アガリクスと呼ばれ、免疫機能強化の健康食品素材として使用されている。 同会は、(株)バイオセラピー臨床開発センターを事務局とし、"アガリクス・ブゼライ"の人工栽培および販売を手がける(株)岩出菌学研究所、(株)エス・エス・アイ、(株)協和ウェルネス、ホクトメディカル(株)の4社を発起人として設立の運びとなった。また食品に関する試験、分析を行う(株)TTCをアドバイザーに迎え、"アガリクス・ブゼライ"(学名:アガリクス・ブゼライ・ムリル)に関する安全性・有用性に関する研究情報の提供、公正な販売倫理指針の明確化の活動を行う。これらの活動を通じて、"アガリクス・ブゼライ"を多くの消費者へ普及させ、安心して使用してもらうことを目的としている。 昨年、出版社および健康食品販売会社の薬事法違反による逮捕報道や、1企業のアガリクス製品における発ガンプロモーション作用が認められたとの報道により、アガリクスの安全性に関して消費者に不安を与えてしまっている状況だ。この状況を改善すべく製品の安全性の確保、トレサビリティの明確化に努め、業界の健全化を図る。 現在は来月の正式設立を前に基盤作りを進め、来月より会員募集を行う。年内に第一回目となる総会を開催予定だ。
つぶやく
・関連ニュース
4/24 機能性表示食品の届出更新(Moist charge/エリオジクチオール-6-C-グルコシド《ライオン》)等[追加21件 / 合計1,979件]/消費者庁
4/24 【撤回】機能性表示食品 更新情報/消費者庁
4周年迎えた機能性表示食品が令和時代へ向け、制度の在り方検討
・今週のアクセスランキング
1.ランナーは寿命が長い、ただし過剰なランニングは心臓に有害
2.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
3.全自動迅速同定・感受性測定装置ライサス(R) S4を発売/日水製薬
4.デアコスメティックス / 「デアサス ピート・リフティング・パック」の累計販売数が1万8000本に
5.「ハトムギ泡洗顔」を発売/ココカラファイン
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO