健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

エキナカ隆盛の中、ついに”エキナカ診療所”が誕生?!


[2011/11/09]
エキナカ隆盛の中、ついに”エキナカ診療所”が誕生?!

インテル(株)(東京本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉田和正)は2011年11月9日、JR品川駅構内イベントスペースに「パソコンで“健考”相談室」をオープンした。パソコンを使って気軽に健康管理ができるサービスを無料体験できる。11日までの3日間(正午〜午後7時)限定で開設される。

さながら“エキナカ診療所”だ。駅構内に設けられた同コーナーには、女性スタッフが待機。利用者は、血圧を測定し、パソコンにデータ入力。ビデオ会議機能を利用し、健康アドバイザーに遠隔健康相談を受ける。

利用した男性は「ただ血圧を測定するだけでなく、グラフ化され、その場で健康アドバイスを受けられ参考になった」とその利便性に感心していた。帝京大学医療情報システム研究センターの澤智博教授は「無線で手軽に健康データを管理できることは、個人にとっても診療シーンにおいても利便性が高くメリットが多い」と話す。

エキナカ隆盛の中、ついに”エキナカ診療所”が誕生?!

今回は、11月末に発売予定の一般消費者向け無線統一規格(コンティニュア規格)対応の血圧計の発売に合わせたイベントとしての限定開設だが、簡単な診療ならエキナカで実施することも不可能ではない。なにより、パソコンと対応機器さえあれば行えるため、一般家庭で少し踏み込んだ健康管理が可能になる。それだけに、こうしたパソコンを活用した遠隔での健康管理には、医療費削減の観点からも大きな期待が寄せられている。

インテルでは、これら健康データを利用できる環境拡大のため、パソコンや健康機器/サービスのコンティニュア規格への対応を促進するとともに、消費者がこれら製品を容易

エキナカ隆盛の中、ついに”エキナカ診療所”が誕生?!

に購入できるようマーケティング活動を展開。その一環で今回、より多くの人が同サービスに接触できる首都圏主要駅の一角をデモンストレーションの場に選んだ。

パソコンを活用した遠隔医療は、業務用レベルでは着実に浸透傾向にあり、そのステージは一般向けへと移りつつある。高齢化により、病院へ通うのが困難な層も増えており、遠隔による健康相談の潜在ニーズは高い。今後、こうしたサービスの認知向上と対応ハード機器の普及が進めば、一般向けでの“PCヘルスケア”も一気に加速しそうだ。

つぶやく
関連ニュース
セ業界初、一般消費者向けコンティニュア規格対応の血圧計を発売
セ情報通信技術と産官学の連携が実現する次世代都市構築プロジェクトがスタート
関連ワードで検索
インテル コンティニュア 血圧計 規格
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.秋の新色を限定発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO