健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

有機JAS認定を再取得/タヒチアンビジョン


[2011/11/08]

(株)タヒチアンビジョン(東京都世田谷区、河野一郎社長)は2011年11月8日、第三者格付認定機関BCS社(ドイツ)が2011年11月4日に有機JAS(日本)、および、ヨーロッパ、アメリカの三ケ国のオーガニックの認定をしたことを発表した。同社が現地農園ロイヤルタヒチノニ社マネージャー・モエアタ氏と電話と電子メールで確認した。これらオーガニックの有効期限は2012年10月31日まで。

有機JAS認定を再取得/タヒチアンビジョン

同社のノニ製品については、日本のJAS法に基づく有機JAS制度により、現地ロイヤルタヒチノニ社のノニ原料が2006年8月にドイツの第三者格付有機認定機関「BCS」に認証されたことから、有機JASマークを付けて販売してきたが、有機JAS法が2006年3月に改正され、同社がこれまで取得していた日本の有機認定書は旧有機JAS法のものであることが判明。有効期限は2009年2月までとなっていたが、その認証の更新手続きに不手際があった。

以降、同社では、品質には問題はなかったが、製品の自主回収や対象商品の販売中止、返金などを実施。信頼回復に努めてきた。

「弊社と致しましては、これまでの経緯にもございます通り、今後は現地契約農園であるロイヤルタヒチノニ社と更新については特に連絡を密にして確認を行い、有機製品を供給するメーカーとして責任を持って確かな品質の製品をご提供して参る所存でございます」と同社では、再び有機JAS認定製品として販売を再開するにあたり、気を引き締めた。

今後は、現地契約農園との交流をこれまで以上に深め、有機JAS制度の認識の共有化をはかるとともに、段階を経て製品ひとつひとつのトレーサビリテリィーを完全可視化。WEB上で公開するなど、妥協なく信頼の維持回復に努めていく。

有機JASマーク付きのロイヤルタヒチ・ノニピュア(900ml)の供給については、これから輸入した原料のボトリング分より有機JASマークを付することが可能となり、12月には供給できる見込みという。また、非有機JASロイヤルタヒチ・ノニピュア(900ml)は、在庫がなくなり次第となる。

つぶやく
関連ニュース
セ有機JAS加工食品の認定事業者の登録について/占部大観堂製薬
セオーガニックハーブの卸しを開始/E.N.P.製薬
セコスメハウスが日本初上陸の400年以上続く石鹸職人一家が開発したオーガニック石鹸を発売
関連ワードで検索
ノニ有機JASタヒチオーガニック
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
3.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
4.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO