健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

音大と共同開発した「ボイスケアのど飴」を拡販


[2011/10/31]
音大と共同開発した「ボイスケアのど飴」を拡販

カンロ(株)(東京都中野区、代表取締役社長:村上 和夫)は、音楽大学と共同開発した『ボイスケアのど飴』を2011年10月31日より拡販する。スーパー、コンビニエンスストアで販売する。

同製品は、新たなハーブエキスを調合するなどで声を大切にする人のために開発されたのど飴。国立音楽大学教授で声楽家の小林一男氏と同校の学生とともに商品開発を行った。

「この製品は、のど飴本来の目的を改めて見つめ直し、開発した“のど飴らしいのど飴”です。「のど飴をよくなめる人」=「声をよく使う人」であると考え、その人たちの声を聞きながら共同開発しました。声を大切にする人のための「のど飴」に仕上がっていると思います」と同社。

実際、開発にあたっては教授のアドバイスをもとに、さまざまな素材や商品を集め、研究室で徹底的に分析を実施。新しい「ハーブエキス」の調合に成功した。

また、学生にも、のどを労わる工夫や、好きなのど飴についての意見を徹底調査。60回以上の試作を重ねた末、完成に至ったという。

厳選された配合成分は、プロポリス並びにのどにやさしい7種のハーブなど。テイストは、ほどよいメントール感で、のどへのマイルドな刺激がある。

昨秋、ドラッグストアで限定発売した際、「声」という新しいコンセプトがツイッターなどで反響を呼び、販売店から多くの問合せがあったという同製品。そうしたニーズを受け拡販となる今回は、袋タイプに加え、持ち運びしやすいスティックタイプもランナップする。

製品価格はオープン。袋タイプの内容量は90g。スティックタイプは、11粒入り。

つぶやく
関連ニュース
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
セスーパーフードバーから夏の限定味登場!『キレイチャージバー赤い果実ミックス』を限定発売/オルビス
セ2種類のスーパーフードが入った朝専用の「食べるシェイクPLUS」を発売/ナリス化粧品
関連ワードで検索
のど飴ボイスケアスーパー
ソ今週のアクセスランキング
1.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
2.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
3.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
4.慣れない道を運転するとき
5.7/11機能性表示食品の届出情報(いちょう葉エキス《インシップ》)等追加7製品を公表/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO