健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

音大と共同開発した「ボイスケアのど飴」を拡販


[2011/10/31]
音大と共同開発した「ボイスケアのど飴」を拡販

カンロ(株)(東京都中野区、代表取締役社長:村上 和夫)は、音楽大学と共同開発した『ボイスケアのど飴』を2011年10月31日より拡販する。スーパー、コンビニエンスストアで販売する。

同製品は、新たなハーブエキスを調合するなどで声を大切にする人のために開発されたのど飴。国立音楽大学教授で声楽家の小林一男氏と同校の学生とともに商品開発を行った。

「この製品は、のど飴本来の目的を改めて見つめ直し、開発した“のど飴らしいのど飴”です。「のど飴をよくなめる人」=「声をよく使う人」であると考え、その人たちの声を聞きながら共同開発しました。声を大切にする人のための「のど飴」に仕上がっていると思います」と同社。

実際、開発にあたっては教授のアドバイスをもとに、さまざまな素材や商品を集め、研究室で徹底的に分析を実施。新しい「ハーブエキス」の調合に成功した。

また、学生にも、のどを労わる工夫や、好きなのど飴についての意見を徹底調査。60回以上の試作を重ねた末、完成に至ったという。

厳選された配合成分は、プロポリス並びにのどにやさしい7種のハーブなど。テイストは、ほどよいメントール感で、のどへのマイルドな刺激がある。

昨秋、ドラッグストアで限定発売した際、「声」という新しいコンセプトがツイッターなどで反響を呼び、販売店から多くの問合せがあったという同製品。そうしたニーズを受け拡販となる今回は、袋タイプに加え、持ち運びしやすいスティックタイプもランナップする。

製品価格はオープン。袋タイプの内容量は90g。スティックタイプは、11粒入り。

つぶやく
関連ニュース
セスーパーフード由来の「大豆」「玄米」「サチャインチ」3種類のたんぱく質を配合したシェイクを発売/キューオーエル・ラボラトリーズ
セ2018年上半期トレンド予測 「ジャパニーズスーパーフード」 ランキングTOP10を発表/日本スーパーフード協会
セ「ITはなびらたけ」が日本初のジャパニーズスーパーフードに認定/インタートレード
関連ワードで検索
のど飴ボイスケアスーパー
ソ今週のアクセスランキング
1.強力な酸分泌抑制薬で骨折リスクが増大
2.容器包装の食品衛生法への適合の確認結果について
3.化学療法が女性の不妊をもたらす機序を解明
4.禁煙はこころの健康とも関連
5.10/20 機能性表示食品の届出情報(EPAチャージ グレープフルーツ味/EPA・DHA《日本水産》)等 [ 追加9製品 / 合計1,137製品 ]を公表/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO