健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ヴィヴァン / 脳機能改善サプリを1ヵ月で260本販売


[2006/08/02]
ヴィヴァン / 脳機能改善サプリを1ヵ月で260本販売
(株)ヴィヴァン(本社東京都目黒区、辻田享子社長)が扱う脳機能改善サプリメント「リッチロン」の販売数が、約1ヵ月で260本に達した。販路は自然食品店、カタログ通販、ネットショップ、クリニックなど。ドラッグストアには卸さない方針。 同製品は、脳に良いとされる11種類の植物成分を発酵させたエキス。脳の血流を改善し、脳の免疫力を活性化する。発酵させることで成分の吸収が早くなり、体に優しくなるという。ターゲットは認知症初期の人や受験勉強中の人など。 主に配合されているのは血行改善作用を持つ成分。"ビンカマイナー"は脳の血行を促進し、神経伝達物質"アセチルコリン"の分解を阻害する。また漢方にも用いられる"ヒメツルニチニチ草"は血行を促進し、酸素と栄養素を脳内に供給する。さらに"クコの実"が細胞壁から血中への栄養分吸収を促進し、"グレープシード"が血液循環を良くし、毛細血管を強化、"ギンコウ"が脳血行を促し、認知症を予防する。 そのほか、免疫力を活性化する"冬虫夏草"、神経系統を正常に保ち精神疲労を予防する"ゴツコラ"、抗血栓作用に優れる"霊芝"、脳を活性化する"朝鮮人参"、老化を予防する"ビルベリー"、抗酸化作用に優れる"糸状菌ウコン"を含有する。 現在、認知症、癲癇、更年期障害症状、失禁、脳挫傷の人など6歳〜86歳までの人を対象に1ヵ月間、同製品を2本摂取してもらう100人規模のモニターテストを行っており、結果は今月半ばに出る予定。同社によれば、すでに改善が見られた例では80代の認知症の人が夜中に奇声をあげなくなった、40代の人が更年期障害によるめまいがなくなった、60代の強度の認知症の人が会話ができるようになった、などの例があるという。 原料は全てオーガニック栽培を行っており、添加物は不使用。甘みがあるが"クコの実"による甘みで、砂糖なども加えていない。摂取方法は、1日にスポイト3〜6回分をそのまま飲んだり、コーヒーやヨーグルトに混ぜて食べる。
つぶやく
関連ニュース
セ製造現場の知能化を加速 IoTサービス基盤「i-BELT」を立ち上げ/オムロン
セ医薬部外品「肌美精 ビューティーケアマスク(ニキビ)」新発売/クラシエホームプロダクツ
セ宇宙日本食「米菓(柿の種ピーナッツ入り)」としてJAXAから認証/亀田製菓
ソ今週のアクセスランキング
1.「虫よけ商品」販売業者4社に対する景品表示法に基づく措置命令/消費者庁
2.プラズマローゲン(鶏ムネ肉エキスDG)にて健常マウスでの学習記憶行動改善を確認/IHM
3.便通を改善する特定保健用食品の粉末緑茶が新発売
4.9種類の浴槽があるように表示 温泉施設の景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
5.膵がんの早期発見につながる血液検査を開発
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO