健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ホーファー・リサーチ/「ピクノジェノールR」にADHD緩和作用があると発表


[2006/07/28]
ADHD(注意欠陥・多動性障害)の子供の症状を、ホーファー・リサーチ社(本社スイス、ヴィクター・フェラーリ社長)が製造・発売を行う「ピクノジェノール(R)」が緩和することが確認されたと発表された。論文を執筆したのはピーター・ロドワルド博士らで、ヨーロッパの児童青年精神医学の専門誌である『European Child&Adolescent』誌に発表した。 無作為二重盲検偽薬臨床試験で、スロバキアのChildren University Hospitalの児童心理科のADHD外来患者61名を対象に1ヵ月間、毎朝、体重1kgに対し1mgの「ピクノジェノール(R)」または偽薬を投与した。対象の平均年齢は9歳6ヵ月。41名の患者に「ピクノジェノール(R)」が、16名の患者には偽薬が投与され、試験中はその他の薬物などは投与しなかった。試験前と試験1ヵ月後、終了から1ヵ月後、教師や親により「CAP」「CTRS」「CPRS」を評価尺度とした精神鑑定及び心理検査を行った。 その結果、「CAP」「CTRS」のスコアでは、試験前及び偽薬投与群と比較して、「ピクノジェノール(R)」投与群では、多動及び不注意の面でスコアの大幅な改善が見られた。「CPRS」のスコアでは、「ピクノジェノール(R)」投与群は試験開始前のスコアと比較すると多動が減少した一方で、視覚・運動の協応、集中力についてはスコアが著しく増加した。偽薬投与群にはスコアの改善は見られなかった。また、試験終了から1ヵ月後のスコアは試験開始前のスコアに戻った。 なお、ADHDの治療に使用される薬剤の多くには中毒性があり、副作用として抑うつ、不安、神経過敏などがあるという。
つぶやく
関連ニュース
セ資生堂ビューティートレンド研究チームが2017年春夏の街頭トレンドを解説 今季メイクは「ピンクブーム」が熱い!/資生堂
セ通販ブランド『米肌』から、「活潤リフト化粧水」を発売/コーセープロビジョン
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
5.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO