健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

いまの医療、医薬品に期待することの調査結果


[2011/09/06]
いまの医療、医薬品に期待することの調査結果

米国研究製薬工業協会(PhRMA=東京都港区)201196日、「いま医療と医薬品に期待すること:3000人の意識調査」の結果を報告した。全国を調査地域にインターネットで今年712日〜14日にかけ実施した。

調査は、現在の日本の医療や医薬品に関する消費者の意識、具体的にはドラッグラグ、治験、革新的医療についての意識、関心などを把握する目的で行われた。

その結果、ドラッグラグについては、「非常に気になる」(45%)「やや気になる」、を合せ、88%が関心を持ち、さらに88%がその解消のための対策を強化すべきと思っていると回答した。

治験については、47%が「よく知っている」と回答。そのうち治験の経験者は10%、全体では4.7%の認知度だった。

革新的医療については、多少費用が高くなっても世界最新の医薬品の使用を「強く希望する」、「希望する」と答えた人が全体の40%。疾患別では、癌、アレルギー疾患、疼痛の割合が高かった。

今回の調査で改めて浮き彫りになったドラッグラグの問題について、PhRMAでは、日本の新薬開発におけるネックのひとつとなっている治験環境の不備改善などに取り組んでいくことを確認した。

PhRMAは、米国で事業を行っている主要な研究開発志向型製薬企業とバイオテクノロジー企業を代表する団体。1958年に業界団体として発足し、1994年に研究開発志向型であることを明確にするため、現在の名称に変更した。イノベーションの促進、臨床試験の期間短縮、慢性疾患分野を中心とした予防医療の推進、政府に対する医療制度改革への提言など、さまざまな活動を行っている。

つぶやく
関連ニュース
セ打消し表示に関する実態調査報告書の公表について/消費者庁
セ〈女性の恋愛と肌に関する意識調査〉接近女子が最も気になるのは「毛穴・ニキビ跡」70.5%/マンダム
セ平成27年度物価モニター調査の概要/消費者庁
関連ワードで検索
治験調査ドラッグラグ
ソ今週のアクセスランキング
1.米ガイドライン、60歳以上の降圧薬処方基準を緩和
2.「マジックマッシュルーム」でがん患者の絶望感を緩和
3.ステロイド成分を含有する不良化粧品の発見について/東京都福祉保健局
4.平成25年度における景品表示法の運用状況及び表示等の適正化への取組/消費者庁
5.家庭用医療機器 訪問販売業者に業務一部停止命令/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO