健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ナチュラル志向のメークが好業績を牽引。タイ工場増強で日本への輸出をスタート/エフシー中央薬理研究所


[2011/09/01]

エフシー中央薬理研究所は、自然派化粧品に強みを持ち、スキンケアを主力に業容を拡大してきたが、近年、メークについても強化を図っており、金額構成比でメークの割合が年々高まっている。

前期(11年6月期)は、ナチュラル志向で急成長を遂げるメークブランドの製造元としての認知が高まりメークが好調だったほか、スキンケアやヘアケアの新製品導入も相次ぎ、売上高は前年比で2ケタ伸長を果たした。

こうした中、同社では、メークによる成長が今後も期待できると判断し、現在、国内外の工場増設を同時並行で行っている。

国内においては、5カ年計画で2014年をめどに本社工場(藤枝市)の増築を進めており、完成後には現状の140%ほどの稼働を見込む。これにより、効率化が一層進み、納期にもより迅速に応える体制が整う。

一方、海外においては、今秋から来春にかけて、タイ工場(チョンブリ県)の施設拡張、設備増強を進める。現在よりも30%程度、生産能力を引き上げることで、日本向けの輸出をスタートさせる。

「まずはメークアップで取扱アイテム数を大幅に増やし、日本企業からのあらゆるリクエストに応えられる体制を整える。また、ボディケアやスキンケア、フレグランスなどの設備をより充実させ、タイ国内、日本にとどまらず、中国・ミャンマー・ベトナムへの輸出も積極化していきたい」(相川功一東京営業所長)

タイ国内では、化粧品企業に限らず様々な企業が進出を図っており、優秀な研究員の確保が次第に難しくなっている。そこで同社では今年3月、バンコク市内にラボと営業所を兼ねた拠点を設けた。

これにより、優秀な研究員の確保が順調に進んだほか、試作依頼への対応が早まり、「取引先との商談成約率も高まっている」(相川氏)という。

今期は、前述の施設面での強化を進めるとともに、「研究者と営業マンが一体となった提案型営業に磨きをかけ、新原料を活用した製品をクイックに紹介する」(森本隆東京営業所研究課長)ことを徹底し、国内では20%増、海外では倍増以上の売上拡大を目指していく。

つぶやく
関連ニュース
セパンプススタイルでもスニーカーのような履き心地の靴を発売/ムーンスター
セタイ王国におけるスキンケア化粧品の販売開始について/第一三共ヘルスケア
セTie2(タイツー)サプリメントを新発売/白鳥製薬
関連ワードで検索
メイクアップ海外戦略エフシー中央薬理研究所タイ
ソ今週のアクセスランキング
1.化粧品等の連鎖販売取引契約企業に業務一部停止命令/東京都
2.製薬業界向け、医薬品等申請書作成・支援サービス「OpenTrusty(TM)」を開発 /日本ユニシス
3.下請法違反でセブン-イレブンに勧告/公正取引委員会
4.「ダイエットできる。痩せる。」高額な整水器を販売していた事業者に業務停止命令(12か月)/東京都
5.合同会社アサヒ食品に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO