健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

2011年国内化粧品市場4・4%減の2兆846億円と予測/富士経済


[2011/08/31]

富士経済は、国内化粧品市場の調査結果を総括分析し、2011年の国内化粧品市場規模を、前年比4・4%減の2兆846億円とし、高価格帯が5660億円(前年比3・8%減)、中価格帯が9032億円(同5・9%減)、低価格帯が4853億円(同2・1%減)、業務用が1301億円(同4・5%減)と予測した。震災の発生や原発事故によって、不要不急のものに対する需要が低迷すると同時に、外出自粛に伴いメーク頻度が減少しているため、いずれの価格帯においても前年実績を割り込み、微増で推移した昨年から一転して、市場は冷え込むと見ている。

2011年の「1000円化粧水市場」は、前年比7・6%増の355億円を見込む。長引く不況の影響で消費者が商品選択時に費用対効果を重視する傾向が顕著となっていることを受け、エフティ資生堂が「専科」から美白訴求の「美容液からつくった化粧水」を追加、カネボウコスミリオンが2in1タイプの「うるり高保湿液」を投入しており、市場は引き続き拡大すると見ている。

2011年の「ミネラルファンデーション市場」は、前年比14・8%増の155億円を見込む。「ケイト」(カネボウコスメット)や「ファシオ」(コーセーコスメニエンス)など制度品系セルフブランドからの相次ぐ導入により需要獲得が見込まれるほか、メークアップトレンドとなっている健康的なナチュラルメークに自然な仕上がりが得られるミネラルファンデーションがマッチすることから、引き続き需要の取り込みが期待され、市場は拡大すると見ている。

つぶやく
関連ニュース
セDIC 子会社サンケミカル社の化粧品顔料が、天然系化粧品の欧州統一基準「COSMOS」認証を取得/DIC
セキムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
セタイ王国におけるスキンケア化粧品の販売開始について/第一三共ヘルスケア
関連ワードで検索
化粧品市場規模
ソ今週のアクセスランキング
1.インドネシアの自然派食品「モリンガ」等 3製品を新発売/協同食品
2.日本サプリメント株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
3.2/2 機能性表示食品の届出情報(スヤリスト[銀座ステファニー]等 追加4製品を公表)/消費者庁
4.5/26 機能性表示食品の届出情報(富山のグルコサミン 七転び八起き[富山常備薬グルー])等 追加8製品を公表/消費者庁
5.風邪のつらさで眠れないとき
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO