健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

メーカー別シェアで首位を走る花王のターゲット別ブランド戦略


[2011/06/07]
メーカー別シェアで首位を走る花王のターゲット別ブランド戦略

インバスヘアケア市場において、メーカー別シェアで首位を獲得している花王は、ターゲットに合わせたブランド戦略を展開している。

ヘアケアのニーズには「情緒的価値」と「機能的価値」があるが、前者は好みで異なる一方、後者は年代によって消費者の重点が変化するという。そのため、価値を高めつつ機能面もブラッシュアップしなければ受け入れられなくなり、同社ではブランド毎のターゲット像を明確にすることで、各々のニーズに応えている。

その好事例が「エッセンシャル」だ。20代前半の女性をターゲットに、もともとのコンセプトの「ダメージケア」といった機能価値と、「自らのおしゃれを楽しむヘアケア」として独自の世界観を提案したところ、衰退しかけたブランドの若返りに成功した。

昨年2月にリニューアルした「メリット」はシャンプーの基本に戻り、美容が二の次になりやすい母親世代と、シャンプーを覚えたての子どもでもきちんと地肌の汚れを落とせるよう、泡立ちを強化し、支持層を増やしている。

メーカー首位の位置づけをより強固にするために、特にシェアを獲得したいのが、「アジエンス」だ。旗艦ブランドとして育成するため、処方にはこだわりを持つ。今春、「髪と地肌のWケア」をコンセプトにリニューアルをかけ、地肌に対しては甘草エキスを、髪に対しては蓮花エキスの2種の保湿成分を新配合した。髪本来の美しさを引き出すための「ご自愛メソッド」を打ち出し、20代後半〜40代前半の幅広い層にアピールしている。

同時に今後のシェア拡大のカギを握るという「セグレタ」を注力課題に設定し、全体を敢えて「3+1」とブランド育成を分けることで、インバスヘアケア市場において、各ブランドのシェア拡大を図る。

つぶやく
関連ニュース
セ東京ブランド発信事業「&TOKYO」共同企画商品を開発する事業者を募集/東京都産業労働局
セ銀座ロフトオープンを機に「初のプライベートブランドコスメ」を発売/ロフト
セグローバルブランド「KANEBO」スキンケアのラインアップを追加/カネボウ化粧品
関連ワードで検索
ヘアケア花王ブランドマーケティング
ソ今週のアクセスランキング
1.下請法違反でセブン-イレブンに勧告/公正取引委員会
2.「ダイエットできる。痩せる。」高額な整水器を販売していた事業者に業務停止命令(12か月)/東京都
3.日本サプリメント株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
4.化粧品等の連鎖販売取引契約企業に業務一部停止命令/東京都
5.おなかの調子を整える機能性表示食品「グリーンケールスムージー」を発売/ファンケルヘルスサイエンス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO