健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

容器のグラセル、オールインワン化粧品向けのクリームジャーが好調


[2011/05/20]
容器のグラセル、オールインワン化粧品向けのクリームジャーが好調

化粧品、トイレタリー、健康食品、薬品用の容器を展開するグラセル(本社=大阪府茨木市、谷村敏昭社長)は、昨年3月の震災による資材関連の供給難を乗り越えた6月以降は堅調に推移し、2012年3月期は増収を見込んでいる。特に夏から秋にかけて顧客の新製品の発売が続き、好調だ。

化粧品では、売上構成比7割以上を占める主軸のスキンケア分野で「トレンドのオールインワン化粧品向けのクリームジャーやチューブ容器の好調により売上げが伸びている」(谷村社長)という。

今年はメークアップ・トイレタリー関連の容器や、各種キャップのラインナップの充実化などサブカテゴリーの開発にも注力していく方針で、直近では2月に「IBAシリーズ」(写真)を発売した。重量感のある肉厚ボトルが高級感を演出するシリーズで、30、50、100、120mLに加え、大容量600mLサイズも揃えた。通販や店頭で盛り上がりを見せるノンシリコンタイプなど高付加価値インバス製品などへの提案を強化していく。

また、宿泊・レジャー施設向けに拡充しているアメニティシリーズは、通販ブランドなどで主流化しているトライアルセットの採用も増えそうだ。

谷村社長が「『常に時代を先取りしたデザインの提供』という使命感を持って活動している」というように、同社は東京と大阪にそれぞれ提携デザイン会社を持ち、容器のデザインから顧客の商品開発をサポートする体制を築いている。

また、バイオPE(ポリエチレン)やPLA(ポリ乳酸)を用いた環境対応型の容器を取り揃えるほか、韓国、タイの容器メーカーと提携しデザインや価格など取り扱い容器のバリエーションを向上。販売価格やチャネル、ターゲット層など顧客の商品企画に合った容器の提案力に厚みを持たせている。

つぶやく
関連ニュース
セ「秋田美人」に代表されるほど、美にこだわりを持つ秋田県と包括連携協定を締結(地方公共団体と初の締結)/ポーラ
セアメリカ地域本社を通じて米国ベンチャー企業 Giaran Inc.を買収/資生堂
セ酒類リターナブル容器商品の価格を改定/アサヒビール
関連ワードで検索
容器自社工場化粧品
ソ今週のアクセスランキング
1.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
2.カタログのQRで即時決済!物販支援決済サービスの提供を開始/凸版印刷
3.夏こそスーパーフードの力を借りる!”ビーツ”を 使った可愛いサラダ 「ビーツとくるみのチーズポテトサラダ」 発売/柿安本店
4.ローヤルゼリーとマンゴスチンの美肌ドリンクなど2品を販売開始/ブルボン
5.食品添加物の乳化剤が大腸がんに関連 ―マウス研究
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO