健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

「ポテイン(R)」による満腹ホルモン(CCK)の分泌促進作用を確認


[2011/04/11]

(株)東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、服部利光社長)は、「ポテイン(R)」による満腹ホルモン(cholecystokinin;CCK)分泌促進作用を確認。日本農芸化学会2011年度大会で発表した(*)。

同素材は、北海道産のジャガイモを原料とする機能性食品素材で同社の独自素材。満腹感を高め、食べ過ぎを防ぎ、ダイエットに役立つことで知られる。

今回同社は、北海道大学大学院農学研究院・原博教授および比良徹助教との共同研究において、同素材の食事量抑制作用をin vivoにおいて確認した。また同時に、同素材の食事量抑制作用は満腹ホルモン(cholecystokinin;CCK)[注(1)]の分泌量増加と関連があることをin vivoで確認した。

【発表骨子】

「ポテイン(R)」による満腹ホルモン(CCK)の分泌促進作用を確認

雄性ラットに水、または「ポテイン(R)」溶液を投与し、投与30分後において門脈から採血を行い、血漿中のCCK濃度を測定した。その結果、「ポテイン(R)」溶液の投与により、血漿中のCCK濃度が上昇する事が確認された。このことから、「ポテイン(R)」はin vivoにおいてCCK分泌促進作用を有することが確認された。

(*)東北地方太平洋沖地震の影響で、日本農芸化学会2011年度大会の開催は中止となったが、学会より特例として「2011年度大会の各演題は、大会講演要旨集の発行をもって発表は成立とみなす」旨の発表がなされている。

[注(1)] 満腹ホルモン(cholecystokinin;CCK)

小腸において分泌される消化管ホルモンで、食事を引き金として分泌され、神経情報伝達物質として満腹感を脳の満腹中枢に伝える満腹ホルモンと考えられている。

つぶやく
関連ニュース
セヨーロッパ初の研究拠点「 研究所 フランス分室 」 をリヨンに設置/コーセー
セ健康研究に対する企業の関与に消費者は懐疑的 ―米調査
セダイエットとリバウンドの繰り返しは高齢女性の心臓に悪い
関連ワードで検索
ポテインダイエット研究満腹ホルモン分泌
ソ今週のアクセスランキング
1.体の大きい男性は悪性度の高い前立腺がんになりやすい?
2.株式会社村田園に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
3.合同会社アサヒ食品に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
4.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
5.9種類の浴槽があるように表示 温泉施設の景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO