健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

食品安全委員会 / CoQ10に摂取上限目安量設定せず


[2006/06/23]
食品安全委員会は22日、第148回食品安全委員会を開催、コエンザイムQ10について摂取上限目安量を設定しないことを決めた。これを受け、7月21日までパブリックコメントの募集を行う。 摂取上限目安量を決めなかった理由としては、これまで繰り返し答弁が行われた通り決定するには文献が足らないという理由による。厚労省から提出された健常者を対象としたCoQ10を連続摂取させた試験が最長で90mg/日、9ヵ月間であることから、判断に踏み切れないと結論付けた。また、水溶性のCoQ10の吸収率が通常の2倍程度になるため、物質ではなく個別の製品について評価することが適切とした。 ただし、原則医薬品の1日摂取量を超えないというリスク管理の下、事業者責任で容量を考慮した長期摂取での安全性の確認、摂取上の注意事項の消費者への提供、消費者の健康被害事例を収集させるなどの指導を徹底すべきだと述べた。 この日の委員会ではほかに、アピ(株)が申請していた血圧が高めの人向けのトクホ「スティバランスRJ」の安全性に問題なしとの判断を下した。ただし、アレルギー発症の可能性を否定できないことから、注意喚起が望まれるとした。同製品はローヤルゼリーペプチドを関与成分とする清涼飲料形態の食品。ACE阻害活性を有する。
つぶやく
関連ニュース
セ&フルーツベジタブル 果実と野菜のスムージーゼリー「YELLOW/GREEN」を発売/森永乳業
セ9/21 機能性表示食品の届出情報(POM(ポン) アシタノカラダ 河内晩柑(かわちばんかん)ジュース/オーラプテン《えひめ飲料》)等[追加9製品 / 合計1,485製品]/消費者庁
セ超極細繊維を使用したハンカチタイプのあぶらとりクロスを発売/東レ
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.機能性表示食品の「アクエリアス」を発売/日本コカ・コーラ
3.鳥インフルエンザ検出に訓練されたマウスやイヌを活用
4.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
5.「d プログラム メディケイテッド リキッドファンデーション」など8品を発売/資生堂
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO