健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

食品安全委員会 / CoQ10に摂取上限目安量設定せず


[2006/06/23]
食品安全委員会は22日、第148回食品安全委員会を開催、コエンザイムQ10について摂取上限目安量を設定しないことを決めた。これを受け、7月21日までパブリックコメントの募集を行う。 摂取上限目安量を決めなかった理由としては、これまで繰り返し答弁が行われた通り決定するには文献が足らないという理由による。厚労省から提出された健常者を対象としたCoQ10を連続摂取させた試験が最長で90mg/日、9ヵ月間であることから、判断に踏み切れないと結論付けた。また、水溶性のCoQ10の吸収率が通常の2倍程度になるため、物質ではなく個別の製品について評価することが適切とした。 ただし、原則医薬品の1日摂取量を超えないというリスク管理の下、事業者責任で容量を考慮した長期摂取での安全性の確認、摂取上の注意事項の消費者への提供、消費者の健康被害事例を収集させるなどの指導を徹底すべきだと述べた。 この日の委員会ではほかに、アピ(株)が申請していた血圧が高めの人向けのトクホ「スティバランスRJ」の安全性に問題なしとの判断を下した。ただし、アレルギー発症の可能性を否定できないことから、注意喚起が望まれるとした。同製品はローヤルゼリーペプチドを関与成分とする清涼飲料形態の食品。ACE阻害活性を有する。
つぶやく
関連ニュース
セ資生堂ビューティートレンド研究チームが2017年春夏の街頭トレンドを解説 今季メイクは「ピンクブーム」が熱い!/資生堂
セ通販ブランド『米肌』から、「活潤リフト化粧水」を発売/コーセープロビジョン
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
ソ今週のアクセスランキング
1.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
2.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
3.平成20年度無承認無許可医薬品等買上調査の結果について
4.油性造影剤での卵管造影が不妊治療に有用
5.機能性表示食品のドレッシング3品を首都圏で販売/キユーピー
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO