健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

小ロット設備の利点を開発・生産に活かすナノエマルジョンの処方開発を強化


[2011/03/04]
小ロット設備の利点を開発・生産に活かすナノエマルジョンの処方開発を強化
ノーベル化学宏業 勝見副功 常務取締役

ノーベル化学宏業は、スキンケアを中心にUV関連やヘア&ボディケア製品などを製造している。昨年2月には、1・3トンの乳化釜を新たに導入した。直近の状況について、責任技術者として工場を統括する勝見常務に話しを聞いた。

――設備補強の目的は。

勝見 スキンケアに加え、近年、フェイスマスクやヘアケア関連の受注が増えてきたためである。作業効率を高めてコストパフォーマンスに活かしたい。小規模な工場だからこそできることを追求している。その一つが清潔な生産環境の維持。20年以上前からノンパラベン処方やノンフェノキシエタノール処方などの商品開発を行ってきた。

――当時は業界内でも珍しかったのでは。

勝見 現在の提案型OEMとして取り組み始めたのは1980年代半ば。後発だったため、他社に断られたという製品の依頼なども可能な限り受けてきた。そのほとんどが、いわゆる「こだわり商品」でノンパラ処方などもその一つ。小ロット主体の生産設備もこだわり商品に多い中・高価格帯製品の生産にマッチしていた。

とはいえ、当時は初めて取り扱う原料や処方ばかり。品質管理など販売先と同じリスクを背負う意識で取り組んできた。そのスタンスからか、提案営業よりも、先方依頼から開発・製造することが多く、長期取引につながっている。

今後も販売先と物づくりへの意識を共有して一緒に成長できるOEMを目指していく。

――今期の活動テーマは。

勝見 昨年後半から、高圧乳化装置を使用したナノエマルジョン技術に特化した原料・処方の開発を行っている。ナノ化技術は浸透力などの特性から提案面でもフックとなる。

近年はゲル人気もあり水溶性への関心が高まっているが、オイルやクリームなど油溶性原料の再興に向けて、引き続き開発に力を注いでいく。

つぶやく
関連ニュース
セ最高級ライン「コスメデコルテ AQ」から新製品を発売/コーセー
セ若年層を対象にした新スキンケア「WASO(ワソウ)」を発売/資生堂
セプレステージスキンケアシリーズ インフォーカスを新たに展開/富士フイルム
関連ワードで検索
化粧品OEM受託スキンケア
ソ今週のアクセスランキング
1.化粧品等の連鎖販売取引契約企業に業務一部停止命令/東京都
2.製薬業界向け、医薬品等申請書作成・支援サービス「OpenTrusty(TM)」を開発 /日本ユニシス
3.下請法違反でセブン-イレブンに勧告/公正取引委員会
4.合同会社アサヒ食品に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
5.日本サプリメント株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO