健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ポーラ化粧品研究所 / “キハギ由来ポリフェノール”に美白効果を発見と発表


[2006/06/16]
ポーラ化粧品研究所 / “キハギ由来ポリフェノール”に美白効果を発見と発表
ポーラ化粧品研究所(佐野文比古所長)はこのほど、萩の1種であるキハギに含まれる数種類のポリフェノール("ユークレノンa6"、"アモリシン"、"アモリリン"、"レスペデザフラバノンH")にメラニン抑制効果があることを発見したと発表した。研究は、静岡県立大学薬学部・宮瀬敏男助教授と共同で行った。作用機序については、現在調査中だという。 試験方法は、メラニンに特異的に取り込まれ増加させる"14C-チオウラシル"を添加した正常ヒト表皮メラノサイトに、"キハギ由来ポリフェノール"を添加したもの、"ハイドロキノン"を添加したもの、"アルブチン"を添加したもの、無添加のもののメラニン生成量を測定した。なお、"ハイドロキノン"は、医療現場でシミなどの脱色素材として用いられるもので、"アルブチン"は美白剤として知られている。 その結果、無処理細胞のメラニン生成量を100%とすると、"キハギ由来ポリフェノール"("ユークレノンa6")を2.5μM添加した細胞では22%となり、メラニン生成量は著しく減少した。同じ2.5μMの濃度の"ハイドロキノン"添加細胞では41%となり、"キハギ由来ポリフェノール"は"ハイドロキノン"添加細胞の約2倍のメラニン生成抑制活性を示した。また"アルブチン"が"キハギ由来ポリフェノール"と同様のメラニン抑制作用を示すには、200〜400倍の濃度(500〜1000μM)が必要であった。なお、"ユークレノンa6"以外のポリフェノールもほぼ同等の作用があったという。 この結果から同社では、"キハギ由来ポリフェノール"は新たな美白素材として期待できると結論付けている。
つぶやく
関連ニュース
セ資生堂ビューティートレンド研究チームが2017年春夏の街頭トレンドを解説 今季メイクは「ピンクブーム」が熱い!/資生堂
セ通販ブランド『米肌』から、「活潤リフト化粧水」を発売/コーセープロビジョン
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
ソ今週のアクセスランキング
1.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
2.100円(税抜)のトクホ 炭酸水を発売/セブン&アイ・ホールディングス
3.油性造影剤での卵管造影が不妊治療に有用
4.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
5.機能性表示食品のドレッシング3品を首都圏で販売/キユーピー
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO