健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ポーラ化粧品研究所 / “キハギ由来ポリフェノール”に美白効果を発見と発表


[2006/06/16]
ポーラ化粧品研究所 / “キハギ由来ポリフェノール”に美白効果を発見と発表
ポーラ化粧品研究所(佐野文比古所長)はこのほど、萩の1種であるキハギに含まれる数種類のポリフェノール("ユークレノンa6"、"アモリシン"、"アモリリン"、"レスペデザフラバノンH")にメラニン抑制効果があることを発見したと発表した。研究は、静岡県立大学薬学部・宮瀬敏男助教授と共同で行った。作用機序については、現在調査中だという。 試験方法は、メラニンに特異的に取り込まれ増加させる"14C-チオウラシル"を添加した正常ヒト表皮メラノサイトに、"キハギ由来ポリフェノール"を添加したもの、"ハイドロキノン"を添加したもの、"アルブチン"を添加したもの、無添加のもののメラニン生成量を測定した。なお、"ハイドロキノン"は、医療現場でシミなどの脱色素材として用いられるもので、"アルブチン"は美白剤として知られている。 その結果、無処理細胞のメラニン生成量を100%とすると、"キハギ由来ポリフェノール"("ユークレノンa6")を2.5μM添加した細胞では22%となり、メラニン生成量は著しく減少した。同じ2.5μMの濃度の"ハイドロキノン"添加細胞では41%となり、"キハギ由来ポリフェノール"は"ハイドロキノン"添加細胞の約2倍のメラニン生成抑制活性を示した。また"アルブチン"が"キハギ由来ポリフェノール"と同様のメラニン抑制作用を示すには、200〜400倍の濃度(500〜1000μM)が必要であった。なお、"ユークレノンa6"以外のポリフェノールもほぼ同等の作用があったという。 この結果から同社では、"キハギ由来ポリフェノール"は新たな美白素材として期待できると結論付けている。
つぶやく
関連ニュース
セ医薬品と食品の相互作用に注意
セ子どもの習う「武道」と外傷リスク
セ毎日少量のアルコールで脳卒中リスクを低減か
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
4.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
5.肌にうれしい紫外線対策アイテムを新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO