健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ライオン・太田睡眠科学センター / 「トマト酢」が睡眠の質改善と発表


[2006/06/16]
ライオン(株)(本社東京都墨田区、藤重貞慶社長)と太田総合病院・太田睡眠科学センター(所在地神奈川県川崎市、佐々木三男所長)は共同で、トマトを発酵させた「トマト酢」を飲むと深い睡眠が増え、睡眠の質が改善されることを明らかにした。太田睡眠科学センターは、日本における睡眠障害の先駆者的存在だ。 「熟睡した」という実感を得るには、「ノンレム睡眠」のうち脳の休息に有効な「深睡眠」の時間が長いことが必要だという。また、睡眠には「精神的ストレス」と「体温調節機能」が影響する。ストレスを感じたまま寝ると睡眠自体にストレスがかかり、乱れた睡眠パターンに陥ってしまう。体温調節機能は通常、寝る前に体温を下げ「深睡眠」に導くが、手足の冷えがあると機能が低下してしまい、手足からの熱拡散が妨げられ、体温が下がりにくくなり、睡眠パターンが乱れがちになる。こうしたことを背景に、ライオン(株)は「血管拡張作用」を有し、リラックス効果が注目されている"GABA"を多く含む「トマト酢」に着目した。 まず行った臨床試験は、25〜39歳の女性9人を対象にプラセボ群を設定し、就寝1時間前に「トマト酢」配合食品を摂取してもらうというもの。睡眠の状態について睡眠ポリグラフ(睡眠中の「脳波」、「節電図」、「眼電図」、「心電図」などを測定し、睡眠の質を測定する機器)で測定したところ、プラセボ群に比べて「深睡眠」の割合が増える傾向にあった。同時に、睡眠の初期に「深睡眠」が増える程多く分泌される「成長ホルモン」の量も測定した。起床直後の尿中の成長ホルモン量の測定を行ったところ、「トマト酢」配合食品摂取群は、プラセボ群と比較して約1.8倍に増加していた。 さらに、睡眠実感を測定するOSA法(睡眠の質を解析する手法)によるアンケートを行った結果、「継続して眠れた」、「深く眠れた」などの項目で高い評価が得られ、睡眠に対する満足度が向上することが分かった。 メカニズムを検証するために、「ストレス軽減」、「手指先の温度変化」についても試験を行った。「ストレス軽減」効果があるかどうか調べるため、10人の男女を対象にプラセボ群を設定し、クレペリンテストで精神的負荷をかけた。その結果、プラセボ群と比較して唾液中のクロモグラニンA(ストレスにより放出されるといわれるタンパク質の1種)が有意に低下した。 「手指先の温度変化」については、成人男女15人を対象にプラセボ群を設定し、「トマト酢」配合食品の摂取後60分後に手指先の温度を測定したところ、「トマト酢」配合食品摂取群は平均1.6度高まり、プラセボ群に対し有意に上昇した。同時に「手指先の血管幅」を測定したところ、初期値に対し18%増加した。さらに「手指先の酸素消費量」も測定したところ、有意に増加した。 以上のことから、「トマト酢」は「深い睡眠」の割合を増やし、「睡眠の質」を改善することが分かった。これらの研究結果は、今後、学会で発表する予定。
つぶやく
・関連ニュース
東京大学とAI/IoTを活用「スマートかき養殖」実証実験を開始/シャープ
llexam(レクサム)風呂用水素生成器・電解式水素シャワーを発売/マクセル
初の美容特化型店舗『ビューステージ西武渋谷』オープン/アデランス
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.特定商取引法違反の電話勧誘販売業者に業務停止命令/九州経済産業局
3.抗酸化・代謝を正常化、シミ・そばかすを治療する「ハイチオールCホワイティア」新発売/エスエス製薬
4.医薬品成分を含有する3製品について/東京都福祉保健局
5.「特定細胞加工物製造許可」を取得。細胞培養受託を可能に/ロート製薬
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO