健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

DMV Japan / 「システインペプチド」の美肌効果調査を発表


[2006/06/14]
DMV Japan(所在地東京都千代田区、吉田匡央支店長)はこのほど、大手飲料メーカーと共同で実施した「システインペプチド"Cystein PeptionTM"の肌への効果」のアンケート調査を発表した。 アンケート調査は、22〜45歳の日本人女性128名を、プラセボ群32名、「システインペプチド」の関与成分である"Lシステイン"を50mg投与群32名、同100mg投与群32名、同200mg投与群32名の4群に分けて6週間後に行った。アンケート調査のデザインは、「全く感じなかった」1点〜「非常に感じた」7まで点数を付け、平均値を出す仕組みとした。アンケートにあたっては、正確さを期すために「システインペプチド」の効果としては現れない「以前より疲れにくくなった」、「髪が以前よりつやがある感じがする」などダミー項目を混ぜた。 その結果、「肌が以前よりすべすべした感じがする」、「肌が以前よりしっとりとした感じがする」、「肌が以前よりつるっとした感じがする」の項目が、プラセボ群と比べP<0.05の有意差をつけた。200mg摂取群では、「肌が以前よりうるおった感じがする」の項目で他グループにP<0.05の有意差をつけた。また、有意差はなかったものの、「肌のシミが薄くなった感じがする」、「肌のクスミが薄くなった感じがする」、「肌のテカリがなくなった感じがする」、「肌のベタつきがなくなった感じがする」では効果があるという傾斜傾向が見られた。 同時に顔にシミのある女性22名に皮膚検査を行ったところ、有意差はないものの、プラセボ群(6名)と比較して、50mg投与群(5名)、100mg投与群(6名)、200mg投与群(5名)ではシミ面積の減少が認められた。 「システインペプチド"Cystein PeptionTM"」は牛乳ホエータンパクを加水分解し、システイン含量の高い画分を取り出した乳ペプチド。体内でグルタチオンの産生に使用され、(1)メラニンを作るチロシナーゼの活性を阻害する、(2)強い抗酸化・免疫賦活・新陳代謝促進作用により体の中から美しい肌作りをサポート――などの美肌作用がある。ほかに、体内解毒の働きもある。
つぶやく
・関連ニュース
ラクトフェリンがヒトノロウイルスのヒト細胞への感染を抑制することを観察/森永乳業
発酵性食物繊維「イヌリアTM」販売開始/帝人
ノンスポーツ分野にmyHMB?Clear(HMB遊離酸)を新発売/兼松ケミカル
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大
3.ストレスチェック義務化に対応したメンタル対策強化支援サービスを開始/キヤノンマーケティングジャパン
4.エボニック、アクゾノーベルと電解質膜事業を開始/エボニック ジャパン
5.日本初の”体形百貨店”をオープン
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO