健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

食べ過ぎを測定するダイエット支援新ツールが誕生


[2011/02/22]
食べ過ぎを測定するダイエット支援新ツールが誕生

(株)タニタ(東京都板橋区、谷田千里社長)は2011年2月22日、ダイエットチェッカー「QM-300」の試作機を公開した。独自の指標で“食べ過ぎ”を判定し、ダイエットや生活習慣改善をサポートする。

同機が、食べ過ぎの指標として着目したのは、糖質を過剰に摂った場合に尿中に排出される微量な糖分。同社が行った研究では、バランスの良い基本食(約500kcal)摂取の場合と、糖質を中心とした過食(基本食+500kcal)でその量に明確な差がみられた。

「食品に表示されているエネルギー量から摂取カロリーを求めることが出来ますが、全てを計算するのは手間ですし、エネルギー吸収率には個人差があり正確には分かりません。この機器では食べ過ぎを判定する新指標を設定し、簡単にその判定ができます。生活習慣改善のサポートに役に立ち、ダイエットも成功しやすくなると考えています」と同社バイオヘルスケア事業部の宮下真理子氏は、開発の狙いを説明する。

判定は、センサー部に内蔵された3極式4層の薄膜機能層からなるシングルチップバイオセンサーで検知し、同社独自のアルゴリズムで解析。新指標として設定した「meal(ミール)」による数値と5段階のアイコンで結果を表示する。

食べ過ぎを測定するダイエット支援新ツールが誕生

使い方は、キャップを開け、センサー部に直接尿をかけるか容器に採ったものへ漬ける。検知は約6秒で終了する。計測のタイミングの目安は、食後2時間。ポーチにスッポリと入るコンパクトサイズで、携帯しやすい。

食べ過ぎを測定するダイエット支援新ツールが誕生

試作機は先月完成し、2月に入り、30代−60代の男女200人を対象にモニター試験を開始した。今後、試験結果を検証し、食べ過ぎ判定指標となるミール値のさらなる精査などを行い、製品化を推し進める。

同社では、同機を手軽にダイエットチェックできる新ツールとして体重増が気になる一般消費者を対象とし、販売価格1万円前後を想定。2年以内の製品化を目指す。また、将来的には、同社の活動量計「カロリズム」とネットワークを活用した連動なども視野に入れる。

つぶやく
関連ニュース
セ220kcalのカリフラワーに置き換えたご飯をつかわないカレー を発売/ローソン
セ「タニタ社員食堂レシピ」サイトを閲覧できるコンテンツを開発/凸版印刷
セ改良された糖質制限経腸栄養製品、グルセルナ(R)-REXを発売/アボット ジャパン
関連ワードで検索
タニタ食べ過ぎ判定ダイエット生活習慣改善糖質新指標
ソ今週のアクセスランキング
1.カタログのQRで即時決済!物販支援決済サービスの提供を開始/凸版印刷
2.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
3.「潤(うるり)」に美白クリームと肌あれ・にきびケアの保湿ジェルを追加発売/カネボウ化粧品
4.藻類由来DHAオメガ3の補給により学齢期の児童の睡眠持続が向上/エデルマン・ジャパン
5.夏こそスーパーフードの力を借りる!”ビーツ”を 使った可愛いサラダ 「ビーツとくるみのチーズポテトサラダ」 発売/柿安本店
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO