健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

食品の表示に関する共同会議 / 原料原産地表示の追加要望品目などを議論


[2006/06/07]
厚労省と農水省は、「第29回食品の表示に関する共同会議」を開催、加工食品の原料原産地の見直しについてのパブリックコメントの結果を発表した。 原料原産地表示の対象の追加品目として5件以上要望があったのは、のり加工品(32件)、緑茶飲料(26件)、こんぶ加工品(16件)、果実飲料(14件)、豆腐(8件)、納豆(7件)、味噌(6件)、醤油(6件)、パン(5件)、うどん(5件)、蕎麦(5件)であった。 ただし、この結果については委員から「果実飲料、緑茶飲料は表示要望が多いが、生産者団体(農業団体)の声ばかりで、消費者は求めていないのではないか」などの声が挙がった。また、追加要望があった原料については必要性・実行可能性を加味して議論する必要があるとした。選定基準を見直す必要があるなどの意見も挙がった。 今後のスケジュールとしては今月中旬にパブリックコメントの結果を公表すると共に、追加要望品目について公開ヒアリングにおける意見陳述希望者及び文書による意見の募集を行い、7月下旬から8月上旬の間に東京で公開ヒアリングを開催するとした。 委員からは「公開ヒアリングを行うのは良いが、その後にどういうスタンスで議論を進めて良いか分からない」という声が挙がり、事務局は「近年の流通・製造の実態の変化を踏まえて消費者の関心が高まっている原料を義務付けてほしい」と回答した。
つぶやく
関連ニュース
セ飲み水レベルの濁りを測定「低濁度チェッカー」発売/オプテックス
セ香港・マカオでの野菜飲料販売事業の合弁契約締結/カゴメと日清HD
セ無添加主義(R)を貫き創業35周年を迎えます/ハーバー研究所
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.ヘルシア五穀めぐみ茶、ヘルシアスパークリング 新たな許可表示で発売/花王
3.1/16 機能性表示食品の届出情報(ASSISTMIN(アシストミン)オリゴノール[ヘルスエイジ]等 追加5製品を公表)/消費者庁
4.2/21 機能性表示食品の届出情報(グッとナイト/ラフマ由来ヒペロシド・ラフマ由来イソクエルシトリン《健康家族》)等[追加2製品 / 合計1,305製品]/消費者庁
5.油分・水分を自在に混ぜる新乳化技術「コアコロナ乳化」を開発/資生堂
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO