健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

アーユルヴェーダのハーブ使った粉シャンプーを発売


[2011/01/19]
アーユルヴェーダのハーブ使った粉シャンプーを発売

イフズプランニング(東京都渋谷区、福田嚴通社長)はこのほど、アーユルヴェーダのハーブを使ったパウダータイプのシャンプー「ハーバル ヘア ウォッシュ」を発売した。美容室、自社ネットで販売するほか、OEMにも対応する。

同製品は、インドのアーユルヴェーダ研究でヘアケアによいとされる8種のハーブをブレンドしたシャンプー&トリートメント用パウダー。ハリ・コシ・ツヤ・ボリューム調整、抜け毛、フケ、かゆみなどの悩みを抱える人に適したものとなっている。

「ヘナを製造販売している当社では、ヘナユーザーにとって最も安全で相性の良いシャンプーを作ることが長年の夢でした。3年ほど前から製品化へ動き出し、ようやくたどり着きました。保存料、香料、リンス剤、合成界面活性剤など一切の化学物質を入れておらず、その結果、保存性を考え、パウダー状になっています」と同社福田社長は説明する。

配合成分は、アムラ、シカカイ、ブリンガラージ(マカ)、リタ(ムクロジ)、ニーム、カス、ヘナ、ムルタニミッティの8種のハーブ。いずれもスキンケア、洗浄効果、ヘアケアに良いとされ、これら8種を絶妙のバランスで配合する。

使い方は、パウダー単独の場合、ハーブパウダー一握り(5〜10g)をカップにいれ、お湯を注いで混ぜる。髪の量にあわせ、まんべんなく塗布。頭皮、頭髪にすり込むように全体を充分マッサージし、2〜5分程度放置。シャワーで洗い流す。

使用感は、泡はほとんど立たず、頭に泥パックをしているようだが、洗い流す頃には毛髪がしっとりし、頭皮もさっぱりする。乾かすと髪本来の勢いを感じ、通常のシャンプーとの違いを実感する。ハーブ特有の香りがほんのり残るが、ほとんど気にならない。

パウダー単独での使用法以外に、同社では、(1)シャンプー前のクリーングとして(2)アルカリの石けんシャンプー&弱酸性の無添加シャンプーであれば混合して(3)シャンプー後のリンス・トリートメントとして、を提案する。

製品の税込価格は1575円(100g)。

つぶやく
関連ニュース
セヘアケアブランド『ジュレーム』から、髪質悩みに着目した「リラックスライン」新発売/コーセー
セ「Dr.Yamashitaコスメシリーズ」ダイエット、ヘアケア製品を発売/DIANA(ディアーナ)
セヘアケア市場に参入/富士フイルム
関連ワードで検索
ヘナ粉シャンプーアーユルヴェーダヘアケア
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.働く女性の髪の悩みが大きく変化する年代は?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO