健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

コーセー が産学協同で新たな美白アプローチを発見


[2011/01/18]

コーセーは、東北大学大学院生命科学研究科の福田光則教授と、新たな美白へのアプローチとして、肌内部におけるメラニン色素の輸送過程に関する共同研究を行ってきた中で、色素生成細胞(メラノサイト)内に存在し、メラニン色素を内包する小胞(メラノソーム)の輸送を、「サンペンズエキス」が阻害し、ケラチノサイトへのメラニン色素の移行・蓄積を抑えることを見出した。同社では今春、この「サンペンズエキス」の優れた効果を高級美白製品へ応用する。

化粧品業界では、シミの原因となる肌の色素生成メカニズムを解明するとともに、シミを防ぐ様々なアプローチを行ってきた。

これまでは、メラニン合成酵素であるチロシナーゼの活性を抑制するなど、主にメラニン合成までをターゲットとした研究が中心だったが、近年ではさらなる美白効果を得るために、異なるプロセスからのアプローチを組み合わせることが試みられ、特に表皮細胞(ケラチノサイト)内に存在するメラニン色素量をコントロールする方法についての研究が注目されてきた。

同社では、福田教授と共同でメラノソームの輸送メカニズムに着目し、その輸送を阻害する、新しい美白素材を探索し、このほど新たに、健康茶などとしても用いられる「サンペンズ」(別名=リュウキュウカ)の50%エタノール抽出液「サンペンズエキス」に、メラノソームの輸送を阻害する効果を発見した。

共同研究では、メラノサイトの中で、メラノソームが運ばれていくメカニズムを分子レベルで研究した結果、メラノソームが細胞核周辺から細胞膜に向かって輸送され、細胞膜周辺に到達した際に、その一部がSLP2―A と呼ばれるタンパク質に置き換わり、メラノソームを細胞膜につなぎ止めることを解明した。

「サンペンズエキス」は、メラノソーム輸送に関わるタンパク質量を減少させる効果があり、メラノソームが細胞膜に結合するのを抑制。結果、メラノソームのケラチノサイトへの輸送を妨げ、シミの発生を抑えることが可能になるという。

つぶやく
関連ニュース
セ独自成分「ナノAMA+」配合 美白クリーム(医薬部外品)を発売/富士フイルム
セ「特定研究開発等計画」の認定について/一丸ファルコス
セヨーロッパ初の研究拠点「 研究所 フランス分室 」 をリヨンに設置/コーセー
関連ワードで検索
美白研究メラノサイトチロシナーゼ
ソ今週のアクセスランキング
1.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
2.元NFL選手30人が研究のため脳提供を表明
3.ダスキンに対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
4.ヤマシン醸造(株)しろしょうゆの不適正な格付及び格付の表示に対する措置について/農林水産省
5.景品表示法に導入される課徴金制度に関する説明会(事業者等向け)の開催について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO