健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

コーセー が産学協同で新たな美白アプローチを発見


[2011/01/18]

コーセーは、東北大学大学院生命科学研究科の福田光則教授と、新たな美白へのアプローチとして、肌内部におけるメラニン色素の輸送過程に関する共同研究を行ってきた中で、色素生成細胞(メラノサイト)内に存在し、メラニン色素を内包する小胞(メラノソーム)の輸送を、「サンペンズエキス」が阻害し、ケラチノサイトへのメラニン色素の移行・蓄積を抑えることを見出した。同社では今春、この「サンペンズエキス」の優れた効果を高級美白製品へ応用する。

化粧品業界では、シミの原因となる肌の色素生成メカニズムを解明するとともに、シミを防ぐ様々なアプローチを行ってきた。

これまでは、メラニン合成酵素であるチロシナーゼの活性を抑制するなど、主にメラニン合成までをターゲットとした研究が中心だったが、近年ではさらなる美白効果を得るために、異なるプロセスからのアプローチを組み合わせることが試みられ、特に表皮細胞(ケラチノサイト)内に存在するメラニン色素量をコントロールする方法についての研究が注目されてきた。

同社では、福田教授と共同でメラノソームの輸送メカニズムに着目し、その輸送を阻害する、新しい美白素材を探索し、このほど新たに、健康茶などとしても用いられる「サンペンズ」(別名=リュウキュウカ)の50%エタノール抽出液「サンペンズエキス」に、メラノソームの輸送を阻害する効果を発見した。

共同研究では、メラノサイトの中で、メラノソームが運ばれていくメカニズムを分子レベルで研究した結果、メラノソームが細胞核周辺から細胞膜に向かって輸送され、細胞膜周辺に到達した際に、その一部がSLP2―A と呼ばれるタンパク質に置き換わり、メラノソームを細胞膜につなぎ止めることを解明した。

「サンペンズエキス」は、メラノソーム輸送に関わるタンパク質量を減少させる効果があり、メラノソームが細胞膜に結合するのを抑制。結果、メラノソームのケラチノサイトへの輸送を妨げ、シミの発生を抑えることが可能になるという。

つぶやく
関連ニュース
セ第72回日本栄養・食糧学会大会における研究発表告知(2演題)/丸善製薬
セ「バイオサイエンス&テクノロジー開発センター」「精密プロセス技術センター」を設立/富士フイルム
セ新研究開発棟の建設について/キッコーマン
関連ワードで検索
美白研究メラノサイトチロシナーゼ
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.特定商取引法違反の連鎖販売業者及び勧誘者(5名)に対する業務停止命令(9か月及び3か月)と指示処分について/消費者庁
3.ガセリ菌SP株のRSウイルス感染防御効果を発表/雪印メグミルク
4.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
5.特定商取引法違反の電話勧誘販売業者に対する業務停止命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO