健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

厚労省 / いわゆる健康食品にも大豆イソフラボンの上乗せ上限値が適用される見込み


[2006/06/02]
厚労省は5月31日に新開発食品評価第三調査会(第2回)を開催、大豆イソフラボンを含む食品の取扱いについて議論を行い、いわゆる健康食品についても安全な上乗せ上限値30mgという指導を行う見通しとなった。正式に通達が出されるのは、パブリックコメントを経て2ヵ月後になる予定。 調査会に先立って、日健栄協が「大豆イソフラボンを含む食品の取扱いについての審議にあたってのお願い」を厚労省に提出。いわゆる健康食品の1日あたりの上乗せ摂取目安量をイソフラボンアグリコン換算で75mgを超えない範囲で設定、30mgを超える場合は注意喚起を明示することを訴えたが、今回の議論のテーブルにも上がらないという結果となった。ほぼ、「大豆イソフラボンを含む特定保健食品等の取扱いに関する指針について」の原案通りに決定するものとみられる。 いわゆる健康食品に含まれるのは、特定保健用食品及び錠剤、カプセル剤、粉末剤、液剤などの形状のもの。長い食経験がある豆腐や豆乳などのうち、イソフラボン強化がうたってある製品に関しては議論が分かれた。引き続き検討課題になる見込み。 また厚労省は、大豆由来以外のイソフラボン含有製品については大豆由来以外のイソフラボンの評価法が確立していないため評価が困難だとしたが、これも引き続き検討課題となるとみられる。 大豆イソフラボンアグリコンの試験方法については、高速液体クロマトグラフ(HPLC)を分析機器として用いることに決定した。測定物質はグルコシド、マロニル体、サクシニル体、アセチル体、アグリコンに含まれる15物質で、換算係数についてもそれぞれ定めた。試験方法は大豆イソフラボン配糖体を標準体(指標)とし、測定物質をHPLCでピークを測定した後、換算係数を用いてその含有量を求めるとした。
つぶやく
関連ニュース
セ塩分を控えるコツ
セスキューズ社と「小売・食品などの生産工程自動化ソリューション」で業務提携/パナソニック スマートファクトリーソリューションズ
セ7/24機能性表示食品の届出情報(ビルベリープラス《シャンソン化粧品》)等追加5製品を公表/消費者庁
ソ今週のアクセスランキング
1.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
2.しめつけ感軽減と巻きやすさを向上した血圧計が発売
3.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
4.卵白由来プロテイン「EAP-sport PLUS(EAPスポーツ プラス)」を本格展開/セティ
5.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO