健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

インターワイヤード/オーラルケアに関する調査結果を発表


[2006/05/31]
インターワイヤード(株)(本社東京都品川区、斉藤義弘社長)は25日、「オーラルケアに関する調査」結果を発表した。調査期間は4月26〜5月9日で、10代〜60歳以上を含む男女7830名にネットで実施した。 同調査によれば、「口内のケアに使用する物」では歯ブラシ90.2%以外では、洗口液・マウスウォッシュが21.1%と最も高かった。次いでガム 19.2%、電動歯ブラシ16.7%、糸ようじ15.4%、歯間ブラシ15.0%、デンタルフロス10.8%、ミント系タブレット7.8%、舌ブラシ 3.3%、フィルムタイプの口中清涼剤3.1%、マウススプレー2.8%となった。電動歯ブラシの利用率は50代男性が24.1%と最も高く、女性では 60代が23.3%と最も高かった。歯間ブラシの利用率は50代女性が最も高く、34.6%であった。「歯ブラシ(電動ブラシのヘッドブラシを含む)の交換基準」は、毛先が広がってきたらが86.1%と最も高かった。 「歯や口内の健康で実際に心がけていること」では、正しいブラッシング41.2%と食後の歯磨き41.5%がほぼ同列で、カルシウムが豊富な食品を摂ること(8.0%)、フッ素入り歯磨き剤を使うこと(12.9%)などは低かった。その他(0.7%)の自由回答では、キシリトール入りの歯磨き剤を使うこと、再石灰化を促進するガムを噛むこと、緑茶を飲む、塩でもむなどが挙がった。
つぶやく
関連ニュース
セ中年期の起立性低血圧が後の認知症リスクに関連
セ「非加熱コールドプレス製法」のスーパーフード飲料を発売/フルッタフルッタ
セ振ってから飲む寒天ゼリー飲料を発売/伊藤園
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.機能性表示食品の減塩ロースハム、ハーフベーコンを発売/日本ハム
3.緑イ貝にアスピリンより強力とのエビデンス
4.3/16 機能性表示食品の届出情報(歩くチカラ[ハルメク]等 追加5製品を公表)/消費者庁
5.3/15 機能性表示食品の届出情報(ぱぱゼリーA ピーチ味[伊那食品工]等 追加6製品を公表)/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO