健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

インターワイヤード/オーラルケアに関する調査結果を発表


[2006/05/31]
インターワイヤード(株)(本社東京都品川区、斉藤義弘社長)は25日、「オーラルケアに関する調査」結果を発表した。調査期間は4月26〜5月9日で、10代〜60歳以上を含む男女7830名にネットで実施した。 同調査によれば、「口内のケアに使用する物」では歯ブラシ90.2%以外では、洗口液・マウスウォッシュが21.1%と最も高かった。次いでガム 19.2%、電動歯ブラシ16.7%、糸ようじ15.4%、歯間ブラシ15.0%、デンタルフロス10.8%、ミント系タブレット7.8%、舌ブラシ 3.3%、フィルムタイプの口中清涼剤3.1%、マウススプレー2.8%となった。電動歯ブラシの利用率は50代男性が24.1%と最も高く、女性では 60代が23.3%と最も高かった。歯間ブラシの利用率は50代女性が最も高く、34.6%であった。「歯ブラシ(電動ブラシのヘッドブラシを含む)の交換基準」は、毛先が広がってきたらが86.1%と最も高かった。 「歯や口内の健康で実際に心がけていること」では、正しいブラッシング41.2%と食後の歯磨き41.5%がほぼ同列で、カルシウムが豊富な食品を摂ること(8.0%)、フッ素入り歯磨き剤を使うこと(12.9%)などは低かった。その他(0.7%)の自由回答では、キシリトール入りの歯磨き剤を使うこと、再石灰化を促進するガムを噛むこと、緑茶を飲む、塩でもむなどが挙がった。
つぶやく
・関連ニュース
2Lペットボトルの国内最軽量を更新/キリンビバレッジ
サプリメント「GABAリズム」機能性表示食品として消費者庁より受理/シンギー
3/20 機能性表示食品の届出更新(ポリデキファイバーT/ポリデキストロース(食物繊維)《東洋新薬》)等[追加14件 / 合計1,885件]/消費者庁
・今週のアクセスランキング
1.特定商取引法違反の連鎖販売業者に対する業務停止命令(9か月)及び指示について/消費者庁
2.鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表
3.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
4.ナノ型乳酸菌が生存マウスのパイエル板内に吸収される映像を公開/IHM
5.日本人における加齢に伴う腸内細菌叢の変化を確認/森永乳業
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO