健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ショップ&カフェ併設のファンケルと”会話”できるスペースが横浜に誕生


[2010/11/19]
ショップ&カフェ併設のファンケルと”会話”できるスペースが横浜に誕生

(株)ファンケル(神奈川県横浜市、代表取締役社長執行役員:成松義文)は、2010年11月19日、神奈川県横浜市中区の同社ビル1階(神奈川県横浜市中区)に、双方向型コミュニケーションスペース「FANCL VOICE」をオープンした。ショップやカフェを併設し、誰でも気軽にアプローチできる。

オープニングセレモニーであいさつした成松社長は、同スペースについて「ファンケルのありのままの姿を見せられる場」と評した。同社ゆかりの横浜、しかも本社ビル1階という立地。「ファンケル」を知ってもらうのに、最高の場所に、同社は最高の設備やサービスを盛り込んだ。

ショップ&カフェ併設のファンケルと”会話”できるスペースが横浜に誕生

103.6坪のスペース内には、タッチパネル式のガイドを設置。この端末では、ファンケルの無添加理論や、化粧品・健康食品の製品開発秘話、各種サービスなどを映像を通じ、発信する。一方で、ファンケルへのメッセージを自由に記入できるスペースもある。このメッセージシートはマグネット式で、ボードに貼り付け、そのままオープンに掲示される。

併設のショップでも“双方向性”を重視する。店内では、無添加化粧品のトライアルやサプリメントの試食ができるが、商品の陳列はせず、ビューティーアドバイザーが、来店者の悩みや要望を聞いたうえで、最適なものを提案。ともすれば、一方通行になりがちな商品提供を、充分なコミュニケーションを挟むことで、より的確で有益なかたちで実現する。

ショップ&カフェ併設のファンケルと”会話”できるスペースが横浜に誕生

同社では、こうした顧客との一歩踏み込んだコミュニケーションから得た声を蓄積し、さらに質の高いサービスとしてフィードバック。顧客の望むサービスの最大化に役立てる。また、国内外の観光客が多数訪れる立地を活かし、ファンケルのさらなる知名度アップも視野に入れる。

併設のカフェでは、「HTC(R)コラーゲン ドリンク テンスアップEX」、「青汁チョコ豆乳」などのオリジナルメニューのほか、オーガニック&ナチュラルにこだわったクッキーやドリンクなどが、リーズナブルな価格で用意され、横浜の“穴場カフェ”としての利用価値も高そうだ。

同ペースの運営にあたっては、容器回収サービスを実施するほか、使用する電力は同社が“ヨコハマ グリーンパートナー”として協賛する横浜市風力発電事業で発電されたグリーン電力でまかない地球環境にも配慮する。

営業時間は、カフェが8:30〜16:00(土曜は10:00〜16:00)。 ショップが、10:00〜19:00(土曜は10:00〜18:00)。 日祝は休業 。

つぶやく
関連ニュース
セブラジルにおける化粧品素材事業について/住友商事
セ台湾におけるスキンケア化粧品の販売開始について/第一三共ヘルスケア
セDIC 子会社サンケミカル社の化粧品顔料が、天然系化粧品の欧州統一基準「COSMOS」認証を取得/DIC
関連ワードで検索
サプリメント健康食品化粧品ファンケル無添加
ソ今週のアクセスランキング
1.犬用健康補助食品「『ペットラボ』皮ふ健康サポート」を新発売/アサヒカルピスウェルネス
2.ココナッツジャパン株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
3.睡眠時無呼吸のセルフケア
4.加齢の指標「テロメア」測定事業に進出 スペインのライフ・レングス社と合弁会社設立/山田養蜂場
5.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO