健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

グローバルプロダクトプランニング / インテリア性高いアロマオイル拡散製品が30%増


[2006/05/26]
グローバルプロダクトプランニング / インテリア性高いアロマオイル拡散製品が30%増
(株)グローバルプロダクトプランニング(本社東京都渋谷区、佐々木桂一社長)の販売するアロマ製品「ルームフレグランス」シリーズの4月度売上高が、前月比30%増となった。売上げ増には、取扱い店舗が増えたことが貢献した。販路はアロマ専門店、雑貨店、バラエティストアなど。 従来、アロマを拡散するには電気や火などを用いる製品が多いが、同製品は容器に入ったアロマオイルに上部に球体状のセラミックが付いた竹ぐし状のスティックを8本ひたしておくだけで、自然に1ヵ月間アロマを拡散する。アロマオイルはスティックの上部まで上がっていき、セラミックの部分に香りがとどまる仕組み。 同社では、人気の理由として(1)アロマオイルにひたしておくだけの手軽さ、(2)火などを使用しない安全性の高さ、(3)生活感漂う芳香剤と違ってインテリア性が高いことを挙げている。海外では3〜4年前から竹ぐし状のスティックでアロマオイルを拡散する製品が売られているが、高額なものが多かった。またセラミックを上部に付けたのは同社が初めて。トイレ、お風呂場などの限られたスペースか、部屋でのスポット的な使用に向く製品で、広い部屋では香りは行き渡らない。
グローバルプロダクトプランニング / インテリア性高いアロマオイル拡散製品が30%増
種類は8種類あるが、特に売上げを牽引しているのは"ピュアローズ"、"ラベンダー"、"グレープフルーツ"、"ティートゥリー&レモン"。この4種は「生産がやっと追いついている状態」(同社・竹須夏紀執行役員)だという。中でも"ピュアローズ"は前年比200%で推移しているほどの人気だ。税込み価格は945円。
つぶやく
・関連ニュース
「ライフサイエンス事業部」への名称変更に関して/コンビ
2019年2月「N.O.U サプリ RJ」を発売/資生堂
BWEエキス末(小型未成熟スイカ由来)を販売開始/ふる里食効研究所
・今週のアクセスランキング
1.第 7 回「アマニフォーラム」セミナーについて/日本製粉
2.唇のひび割れ、皮むけを治す医薬品リップクリームを新発売
3.人気美容ダイエット食のレトルトタイプリゾットを新発売
4.ギリシャ古来のスーパーフード『マスティハ』製品が日本で本格展開/マスティハジャパン
5.全遺伝子の働きの季節変化を自然条件下で捉えることに成功/京都大学
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO