健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

食品安全委員会 / 大豆イソフラボンを含有するトクホ3製品の安全性について結論


[2006/05/19]
食品安全委員会は11日、トクホとして摂取する大豆イソフラボン(アグリコン量換算)の許容上限摂取量を1日30mgと正式に決定した。 これを受け、厚生労働省が同委員会に求めていた、大豆イソフラボンを含有するトクホ申請中の3製品についての安全性評価の結論が出された。3製品は、マルコメ(株)の「イソフラボンみそ」、サンスター(株)の「オーラルヘルスタブレットカルシウム&イソフラボン」、オルビス(株)の「大豆イソフラボン40」。 それにより、マルコメ(株)が申請した「イソフラボンみそ」は、日常の食生活による大豆イソフラボン摂取に加えて、1日あたりアグリコン換算量で 42mg追加摂取することになるため、1日の許容上限摂取量である30mgを超える。このことから「十分な安全性が確保できるとは言いがたい」とした。同製品は、通常のみそに大豆発酵抽出物を混合することで、大豆イソフラボンのうち、特に大豆イソフラボンアグリコンの含有量を高めたものとなっている。 残りの2製品については、閉経前女性、閉経後女性及び男性が、日常摂取目安量の範囲内で適切に摂取する限りにおいては、安全性に問題はないと判断。しかし妊婦や子どもへ安全性の観点から推奨できないとし、製品に妊婦や子どもへの摂取配慮を注意喚起する表示を義務付けることを求めた。
つぶやく
関連ニュース
セ足の乾癬のケア
セ米国でがん死亡率の減少続く
セ『毒出し 酵素玄米ダイエット』を出版/主婦の友社
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.軟骨と筋肉に役立つ食品成分の組み合わせが中高年の通常歩行速度を上昇させることを確認/サントリーウエルネス
3.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
4.東京大学との連携協定締結について/東洋新薬
5.MRI検査の特性と診断可能な疾患
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO