健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

光研 / クロロゲン酸入りダイエットコーヒーをテレショップ1日で2億3000万円販売


[2006/05/10]
光研 / クロロゲン酸入りダイエットコーヒーをテレショップ1日で2億3000万円販売
(株)光研(本社東京都千代田区、小林基二社長)が販売するダイエットコーヒー「デ・トクスァイバーダイエットディスクィーズ1000」が、3月に1日6回放送されたテレショップで2億3000万円を売り上げた。 同製品は、生コーヒーに豊富に含まれるクロロゲン酸エキスを抽出し、市販の缶コーヒーやインスタントコーヒーの約16倍にあたる32.5mgを含有させたのが特徴。クロロゲン酸とは、脂肪酸をエネルギーに変換する働きを活性化させるものだが、熱に弱く焙煎すると無くなってしまうもの。昨年TV番組の『発掘!あるある大辞典』で取り上げられたことから話題になった。 そのほかに、満腹中枢を刺激して食欲を抑制するGABAや、整腸作用がありお通じを促すアカメガシワ、糖や脂肪の吸収を抑えるギムネマ、糖が脂肪に変わるのを阻害するガルシニア、甘み成分としてカロリーゼロの羅漢果を配合した。食物繊維は1000mg入っている。 発売前に男女51名(23〜60歳)に行ったモニターテストでは、「90%以上が体脂肪、体重共に減少し、94%以上のウエストサイズが減りました」(小林社長)。テストは1日2〜3杯以上、それ以上飲んでもかまわないという条件で行った。 摂取方法は、食後に湯か水に溶いて食後に飲むだけ。顆粒が1杯分ごとに分封されているので、携帯も可能。「ダイエット食品は3回程度購入して止めてしまう人が多いが、当社の開発コンセプトは飲みやすく、続けやすいもの。市販のインスタントコーヒーと比べてもおいしく仕上げました。薄く煎れればほうじ茶のような味になるので、コーヒーが苦手な人も飲めます」(同)。3〜5個とまとめ買いする人も多いという。税込み価格は30包入りで4998円。 10〜15日分にあたる。 なお、集客力のある店舗には、テレショップの映像を流す液晶TVを貸し出し、販売支援を行っている。 小林社長は「上代ベースで月間1億円程度の売上高で息の長い商品にしたい」としている。
つぶやく
関連ニュース
セ機能性表示食品のトマトジュース、野菜ジュースを発売/キッコーマン飲料
セ飲み水レベルの濁りを測定「低濁度チェッカー」発売/オプテックス
セ香港・マカオでの野菜飲料販売事業の合弁契約締結/カゴメと日清HD
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.新規トレハロース化合物「トレハンジェリン」の抗老化作用を確認/ファンケル
3.製薬企業から医師への金品はがん治療薬の選択を左右するのか
4.(参加者募集)11/25 第11回機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会/消費者庁
5.1/16 機能性表示食品の届出情報(ASSISTMIN(アシストミン)オリゴノール[ヘルスエイジ]等 追加5製品を公表)/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO