健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

近赤外光利用した非破壊組成イメージングシステムの販売を開始


[2010/08/09]

住友電気工業(大阪市中央区)はこのほど、近赤外光を利用し、薬品や食品の組成の違いや組成の濃度分布を対象物を破壊せずにリアルタイムで画像化する組成イメージングシステム「COMPOVISION(コンポビジョン)」の販売を開始した。

同システムは、同社が光通信事業で培ってきた高度な光関連技術を応用し、光通信と同じ波長帯域である近赤外光を用いることで、従来は判別できなかった組成の違いや組成の濃度分布を即座に画像化する。システムは近赤外光カメラと高速判別ソフトを用いた検出装置で構成される。

食品業界や製薬業界では安全性や品質管理の重要性が高まるなか、非破壊・非侵襲で組成の違いや濃度分布を測定できる検査システムへのニーズが強まっていた。組成検査ではこれまで赤外分光法などによるスペクトル分析が広く使われているが、対象物を破壊せずに測定することが難しいという課題があった。

コンポビジョンで利用する近赤外光帯域には水や脂質、たんぱく質などの有機物の吸光スペクトルがあるため、生体や食品の組成分析が可能だという。また生体や有機物を透過しやすいため対象物を破壊することなく測定が行えるのが特徴だ。例えば、PTPの外から錠剤の成分差を画像化するなど、容器包装外から内容物の組成を分析する用途などにも利用できる。

同社では今回、独自の高速スペクトル解析アルゴリズムを開発することで、カメラで収集したすべての画素データをリアルタイムで解析して組成判定を行い、画像化することを可能とした。併せて量子井戸構造の近赤外光カメラ用センサー材料を新たに開発し、1000〜2350ナノbの幅広い波長領域での測定を実現。従来難しかった詳細な成分の違いの高感度検出を実現した。

つぶやく
関連ニュース
セ店販用 機能性表示食品「潤う るつやセラミド」を発売/日本製粉
セ7/20機能性表示食品の届出情報(ヘスペリジン《天真堂》)等追加7製品を公表/消費者庁
セ「ビフィコロン」を機能性表示食品としてリニューアル/日清ファルマ
関連ワードで検索
組成画像化薬品食品パッケージ容器
ソ今週のアクセスランキング
1.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
2.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
3.スーパーフードのピザとサラダを発売/フォーシーズ(PIZZA-LA)
4.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO