健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

国内初の”あとケア”製品が好調に推移


[2010/07/29]
国内初の”あとケア”製品が好調に推移

IDAグループの輸入商社部門であるジャンパール (東京都新宿区) が国内初の“あとケア”製品として展開する 「バイオイル」 (2種、 60mL1600円、 125mL2800円) が、 発売から5年目を迎え、 好調に推移している。

「バイオイル」 は、 ユニオン―スイス社が開発した南アフリカ共和国発の保湿美容オイルで、 2000年にレチャート兄弟の経営する会社に買収されてから2年後、 グローバル展開を開始。 現在、 世界18カ国で販売している。 欧米では、 保湿やエイジングケアのほか、 完治後の傷跡やストレッチマークなど肌に残った跡をケアする 「あとケア」 商品として販売されている。

「欧米では 『あとケア』 は、 カテゴリーとして店頭コーナーが立ち上がるほど生活者に認知されている。 帝王切開による出産率が高いことも理由の1つだが、 産婦人科医、 助産師、 薬剤師の多くが、 あとケア製品として推薦するアイテムである」 (同社)

04年から展開した英国では、 2年後にはファーマシーのスキンケア売上1ブランドに成長し、 英国調査機関IRIの売上ランキングでも4年連続1を獲得した経緯をもつ。 5年間の売上成長率は小売ベースで約6倍まで拡大しており、 あとケア市場では7割以上のシェアをもつ。 また、 07年4月より発売した米国では、 発売初年度から全米ドラッグストア (ウォルマートを除く) でスキンケア売上6位にランクインし、 急成長ブランドに位置づけられた実績がある。

「バイオイル」 は、 配合する浸透型保湿オイル 「ピュアセリンオイル」 が、 トウキンセンカオイルやラベンダーオイルなど4種の植物由来成分とビタミンA、 Eの有用成分を包みこんで、 肌深部にデリバリーする。

「世界中で好まれている大きな要因は、 色々な 『あと』 をケアできることのほか、 その使用感にある。 塗布後は、 肌に浸透して、 表面にはオイルが残らない。 ベタつかないで、 サラサラになる使い心地も好評である」 (バイオイルPR担当)

同社は、 06年4月より国内での販売を開始。 近年、 “マルチオイル”として女性誌などで紹介されて話題を呼び、 販路もGMSやドラッグストア、 バラエティショップ、 ベビー用品店など幅広い業態に拡大した。

「3年経ってしまった傷跡は、 跡が残ってしまうと言われているが、 バイオイルの使用により、 10年経った傷跡も薄くなったとの報告もある」 (同)

出産を経験した女性を中心に、 肌に残るあとに関する悩みは万国共通なようで、 売上げも順調に伸びており、 潜在ニーズの掘り起こしに成功している。 今年は話題性も十分で、 さらなる拡販に期待が持てそうだ。

つぶやく
関連ワードで検索
保湿美容オイル傷跡ストレッチマーク
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.三重県産の本真珠を溶かし込んだ美容酢
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO