健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

インフォプラント / 通信販売による化粧品購入を調査


[2006/04/28]

(株)インフォプラント(本社東京都中野区、大谷真樹社長)は、全国の女性iモードユーザーに「通信販売による化粧品購入」に関する調査を実施した。実施期間は1週間で、有効回答数は4291人。 テレビショッピング、カタログ通販、オンラインショッピングなど通販で化粧品を購入したことがある割合は、全体の66.6%であった。購入経験者を年代別に見ると19歳以下が55.8%であるのに対し、50歳以上は72.5%と年代が高い層ほど多くなった。また、購入経験者が通販で化粧品を購入する頻度は「2、3ヵ月に1度」が35.9%と最も多く、次いで「1年に1回以下」(21.7%)、「月1回程度」(18.6%)、「6ヵ月に1度」(18.3%)の順であった。 通販で購入する際の購入方法は、「携帯電話インターネット」が48.6%と最も多く、以下「PCインターネット」(30.3%)、「郵便」(27.3%)、「電話」(26.0%)の順となった。しかし、この結果にはiモードユーザーに調査したという特性も影響しているとみられる。年代別に見ると40代以下では「携帯電話インターネット」が最も多く、年代が高い層ほど「電話」、「FAX」が多かった。 1回あたりの購入金額は「3000〜5000円未満」が35.3%と最も多く、次いで「5000〜7000円未満」(19.1%)、「1000〜3000円未満」(18.6%)、「7000〜1万円未満」(14.5%)の順であった。年代別では、20代以上では「3000〜5000円未満」が最も多かった。30代、40代では「5000〜7000円未満」、50歳以上では「7000〜1万円未満」がそれぞれ2割を超えており、他の年代より多かった。 通販で化粧品を購入する理由は、「店舗に行かずに購入できる」が58.3%と最も高く、次いで「通販割引きなど安く購入できる」(52.6%)、「時間を気にせず購入できる」(48.8%)、「通販でしか購入できない商品がある」(44.3%)の順であった。年代別に見ると、40代以下では「店舗に行かずに購入できる」が、50歳以上では「通販でしか購入できない商品がある」が、最も高い理由であった。

つぶやく
関連ニュース
セ足の乾癬のケア
セランニングは変形性関節症の発症を遅らせる
セ米国でがん死亡率の減少続く
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
3.アメリカ産テフ Maskal Teff(マスカルテフ)の販売を開始/ノルデステ
4.術後の静脈血栓塞栓症リスクは従来考えられていたよりも大きい
5.MRI検査の特性と診断可能な疾患
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO