健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

コンビタジャパン / 抗菌力アップしたマヌカハニー発売


[2006/04/26]

コンビタジャパン / 抗菌力アップしたマヌカハニー発売
コンビタジャパン(株)(本社神奈川県横浜市、原田俊男社長)はこのほど、蜂蜜「マヌカハニークティブUMF25+」と「マヌカハニークティブUMF30+」を発売した。 マヌカハニーとは、ニュージーランドにしか自生しないマヌカの木から採れる蜂蜜。マヌカハニーが特徴的なのは、通常の蜂蜜が持つ抗菌力は体内の酵素“カタラーゼ”で分解されてしまうのに対し、“カタラーゼ”の影響を受けない抗菌作用を持っている点。中でも同品はUMFTM値が25+(25以上)と30+(30以上)と高い数値であり、数値が高いほど抗菌・殺菌作用が高いことを示している。例えば、UMFTM値25+は、消毒液であるフェノール25%溶液に相当する。 UMFTM値とは、マヌカハニーの抗菌作用を20年以上研究しているワイカト大学のピーター・モラン教授が確立した数値で、シャーレー上の黄色ブドウ球菌にマヌカハニーと水と“カタラーゼ”をミックスしたものを注入し、どれだけ殺菌効果があるかを測定する。シャーレー上の実験では、ピロリ菌に対しても殺菌力があることが明らかになっている。現在、ピロリ菌については、臨床試験も行っている最中だという。しかし、なぜマヌカハニーに殺菌効果があるのか、その作用機序は明らかになっていない。UMFTM値を表示するにあたっては、ニュージーランドのアクティブ・マヌカ・ハニー協会から認可を受ける。 ニュージーランドでは、UMFTM値が10以上と認定されたマヌカハニーは病院で傷の治療で皮膚に塗布し、使用されているという。ほかにニュージーランドでの150年に及ぶ使用経験で、にきびや虫刺され、保湿などに効果があるとされている。 今回、「25+」と「30+」をリリースしたのは、顧客から「より抗菌作用の高いものがほしい」という声が挙がったため。これまでの顧客からは「胃腸の気持ち悪さがなくなった」などの声が寄せられている。顧客は40歳以上の健康が気になる世代が多い。独特の風味があり、39度までしか加熱しないクリーム蜂蜜という製法をとっているため、クリーミーな口当たりとなっている。通常の蜂蜜と違って39度までしか加熱しないことによって、ビタミン類や酵素も残っている。 販路は、デパートの健康食品ショップと自社通販。税込み価格は250g入りで、「25+」が8715円、「30+」が10185円となっている。

つぶやく
・関連ニュース
ラクトフェリンがヒトノロウイルスのヒト細胞への感染を抑制することを観察/森永乳業
発酵性食物繊維「イヌリアTM」販売開始/帝人
ノンスポーツ分野にmyHMB?Clear(HMB遊離酸)を新発売/兼松ケミカル
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大
3.ストレスチェック義務化に対応したメンタル対策強化支援サービスを開始/キヤノンマーケティングジャパン
4.エボニック、アクゾノーベルと電解質膜事業を開始/エボニック ジャパン
5.日本初の”体形百貨店”をオープン
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO