健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

業界初の収縮ラベル用帯束機


[2010/07/09]
業界初の収縮ラベル用帯束機

大洋精機(大阪府大東市)は、業界初となる、巻き付けタイプのシュリンクラベル用COM自動帯束機「WASシリーズ」を開発した。最大150ミリ幅の収縮ラベルの帯束を簡便化し、特に拡大する巻き付け型シュリンクラベルの小ロット・低コスト・省資源・省人化対応に効果を発揮するもので、公開されたインターフェックス展では大きな注目を浴びた。

シュリンクラベル分野では、巻き付け式のフィルムロールラベルに対抗するため、熱収縮フィルムによる巻き付けラベルの製品展開を進めている。

新型自動帯束機「WASシリーズ」は、ロール状の巻き付け型収縮ラベルを簡単に商品に装着する装置。同展では、厚み35マイクロb・幅150ミリの一軸PETシュリンクラベル(日新シール工業提供)を商品全体に帯束。帯束力は強固。その後、簡易な部分収縮用トンネルに通してサイド面をシールしていた。

同システムの場合、ロールフィルムを使用し、ラベルを事前に製袋する必要がない。従来、この少ロット分野はオフラインで作業し人でに頼っていたが、これを自動化することにより、大幅に作業負担が軽減されコストも削減された。

装置の価格も従来の大型ロールラベラーと比較すると大幅に軽減された。

同機の能力は毎分17〜20個。テープ幅は最大150ミリで、小幅テープに対してはアーチサイズの変更で対応。

ラベル(フィルム)についても多様なタイプへの対応が可能。

超高速型ラップラウンドラベラーの場合はPETボトル用ラベルなどが中心となるが、同機の場合は食品容器やDVDなどのスリーブ包装など広範な分野に適しているという。すでに一軸PET収縮ラベル分野では除湿剤関連で実績を持つ。

同展では、省資源・省エネ・低コスト型システムとして注目された。同社では、新システムについて「帯束から包装への新しい提案が行えた」として展開を強化する意向だ。

つぶやく
関連ニュース
セやさい飲料業界で初採用!新形状大型紙容器で3製品を発売/伊藤園
セ国分と凸版印刷、食品容器の未来予測を発信/国分グループ本社
セ伊大手包装メーカーと飲料用紙容器等 独占的販売契約締結/北越紀州製紙
関連ワードで検索
容器パッケージ低コスト省資源
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.10/4 機能性表示食品の届出情報(一目瞭然W/ルテイン《ソシア》)等 追加3製品を公表/消費者庁
3.ゴジベリージュースが服部幸應プレミアム推奨に/日本スーパーフード協会
4.業界初の発見 クズの花に発毛効果!!
5.2/16 機能性表示食品の届出情報(C1000 GREEN LEMONADE/クエン酸《ハウスウェルネスフーズ》)等[追加2製品 / 合計1,303製品]/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO