健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

業界初の収縮ラベル用帯束機


[2010/07/09]
業界初の収縮ラベル用帯束機

大洋精機(大阪府大東市)は、業界初となる、巻き付けタイプのシュリンクラベル用COM自動帯束機「WASシリーズ」を開発した。最大150ミリ幅の収縮ラベルの帯束を簡便化し、特に拡大する巻き付け型シュリンクラベルの小ロット・低コスト・省資源・省人化対応に効果を発揮するもので、公開されたインターフェックス展では大きな注目を浴びた。

シュリンクラベル分野では、巻き付け式のフィルムロールラベルに対抗するため、熱収縮フィルムによる巻き付けラベルの製品展開を進めている。

新型自動帯束機「WASシリーズ」は、ロール状の巻き付け型収縮ラベルを簡単に商品に装着する装置。同展では、厚み35マイクロb・幅150ミリの一軸PETシュリンクラベル(日新シール工業提供)を商品全体に帯束。帯束力は強固。その後、簡易な部分収縮用トンネルに通してサイド面をシールしていた。

同システムの場合、ロールフィルムを使用し、ラベルを事前に製袋する必要がない。従来、この少ロット分野はオフラインで作業し人でに頼っていたが、これを自動化することにより、大幅に作業負担が軽減されコストも削減された。

装置の価格も従来の大型ロールラベラーと比較すると大幅に軽減された。

同機の能力は毎分17〜20個。テープ幅は最大150ミリで、小幅テープに対してはアーチサイズの変更で対応。

ラベル(フィルム)についても多様なタイプへの対応が可能。

超高速型ラップラウンドラベラーの場合はPETボトル用ラベルなどが中心となるが、同機の場合は食品容器やDVDなどのスリーブ包装など広範な分野に適しているという。すでに一軸PET収縮ラベル分野では除湿剤関連で実績を持つ。

同展では、省資源・省エネ・低コスト型システムとして注目された。同社では、新システムについて「帯束から包装への新しい提案が行えた」として展開を強化する意向だ。

つぶやく
関連ニュース
セ『日本パッケージデザイン大賞2017』で金賞・銀賞/ポーラ
セ男性用ブランド「アウスレーゼ」環境面にも配慮した新ボトルパッケージへリニューアル/資生堂
セFSC(森林管理協議会)認証紙を活用した什器に順次切り替え/セブン‐イレブン・ジャパン
関連ワードで検索
容器パッケージ低コスト省資源
ソ今週のアクセスランキング
1.顆粒タイプでは初のプロテオグリカン含有健康美容ドリンクを新発売
2.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
3.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
4.たんぱく質&食物繊維入り「ヘルシースナッキング」ブランドを展開/森永製菓
5.毛穴のカリスマ開発の乾燥肌の救世主新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO