健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

業界初の収縮ラベル用帯束機


[2010/07/09]
業界初の収縮ラベル用帯束機

大洋精機(大阪府大東市)は、業界初となる、巻き付けタイプのシュリンクラベル用COM自動帯束機「WASシリーズ」を開発した。最大150ミリ幅の収縮ラベルの帯束を簡便化し、特に拡大する巻き付け型シュリンクラベルの小ロット・低コスト・省資源・省人化対応に効果を発揮するもので、公開されたインターフェックス展では大きな注目を浴びた。

シュリンクラベル分野では、巻き付け式のフィルムロールラベルに対抗するため、熱収縮フィルムによる巻き付けラベルの製品展開を進めている。

新型自動帯束機「WASシリーズ」は、ロール状の巻き付け型収縮ラベルを簡単に商品に装着する装置。同展では、厚み35マイクロb・幅150ミリの一軸PETシュリンクラベル(日新シール工業提供)を商品全体に帯束。帯束力は強固。その後、簡易な部分収縮用トンネルに通してサイド面をシールしていた。

同システムの場合、ロールフィルムを使用し、ラベルを事前に製袋する必要がない。従来、この少ロット分野はオフラインで作業し人でに頼っていたが、これを自動化することにより、大幅に作業負担が軽減されコストも削減された。

装置の価格も従来の大型ロールラベラーと比較すると大幅に軽減された。

同機の能力は毎分17〜20個。テープ幅は最大150ミリで、小幅テープに対してはアーチサイズの変更で対応。

ラベル(フィルム)についても多様なタイプへの対応が可能。

超高速型ラップラウンドラベラーの場合はPETボトル用ラベルなどが中心となるが、同機の場合は食品容器やDVDなどのスリーブ包装など広範な分野に適しているという。すでに一軸PET収縮ラベル分野では除湿剤関連で実績を持つ。

同展では、省資源・省エネ・低コスト型システムとして注目された。同社では、新システムについて「帯束から包装への新しい提案が行えた」として展開を強化する意向だ。

つぶやく
関連ニュース
セFSC(森林管理協議会)認証紙を活用した什器に順次切り替え/セブン‐イレブン・ジャパン
セ「アスタリフト」環境への取り組みを強化 レフィル対応容器「スマートレフィル(R)」を共同開発/富士フイルム
セ資源リサイクルに最適なアルコール飲料向け液体紙容器2タイプを開発/大日本印刷
関連ワードで検索
容器パッケージ低コスト省資源
ソ今週のアクセスランキング
1.糖質70%以上オフのパンの詰め合わせを発売
2.1/14 機能性表示食品の届出情報(朝食 BifiXヨーグルト)[江崎グリコ]等 追加7製品を公表)合計187製品に/消費者庁
3.腸内の善玉菌が少ないとうつ病リスクが高いことを明らかに/ヤクルト本社
4.独自素材パセノール(TM)原料販売を開始/森永製菓
5.日本初の吸着保湿処方 保湿成分が洗い流されないボディソープを発売/ライオン
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO