健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

エアアロマ / ドライブタイムをアロマショップやディーラールートで拡販


[2006/04/26]

エアアロマ / ドライブタイムをアロマショップやディーラールートで拡販
エアアロマ(株)(本社東京都渋谷区、片岡郷社長)は、自動車搭載用アロマオイル発散器「ドライブタイム」の拡販をはかる。現在、東急ハンズ、インテリアショップ、アロマショップ、健康グッズショップのほか、自動車メーカーの純正品としてOEM提供を行っている。今後はさらに自動車ディーラールートやアロマショップでの拡販をはかりたい考え。 「ドライブタイム」は、アロマオイル発散器とアロマオイルがセットになったもの。アロマオイル発散器のパッドにアロマオイルを染み込ませ、自動車の 12Vのシガーライターソケットに差し込み、スイッチを入れると熱の力でアロマオイルが気化する仕組み。オーストラリア製で、オーストラリアでは98年に発売した。カラーはシルバー、クリアー、ネイビー、チャコールグレーの4種。
エアアロマ / ドライブタイムをアロマショップやディーラールートで拡販
アロマオイルはラベンダーパイン、シトラスフレッシュ、ベルガモットオレンジ、ローズマリーユーカリー、ペパーミントの5種から選べる。同社の扱う人気のアロマオイルのうち車中での使用に適したものを選んだ。「ユーカリ、ペパーミントは消臭作用があり、車の臭い対策になります。またラベンダーは渋滞の時など気分を落ち着かせます。柑橘系はリフレッシュにお奨めです」(マーケティングセールス・小池梢氏)といった理由だという。勿論、自分の手持ちのアロマオイルを使用することもできる。
エアアロマ / ドライブタイムをアロマショップやディーラールートで拡販
アロマオイルの発散時間は平均2〜3時間。パッドを交換すれば、さまざまな香りが楽しめる。自動車用の芳香剤は従来からあるが、「香りがキツ過ぎて苦手という人も多いのですが、同製品は天然成分がフワッと軽く香る感じです。従来の芳香剤が苦手な人も使えます」(同)。 ユーザーからは「タバコの臭いが気にならなくなった」、「彼女にも人気がある」、「乗った時スッキリできる」などの声が挙がっている。 税込み価格は2415円。パッドやアロマオイルの別売りも行っている。

つぶやく
関連ニュース
セラクチュロース(ミルクオリゴ糖)配合の健康系ココアを発売/森永製菓
セ機能性表示食品の粉末スープを発売/ポッカサッポロフード&ビバレッジ
セ8/16 機能性表示食品の届出情報(ロイテリ ヨーグルト《オハヨー乳業》)等 追加3製品を公表/消費者庁
ソ今週のアクセスランキング
1.9種類の浴槽があるように表示 温泉施設の景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
2.「虫よけ商品」販売業者4社に対する景品表示法に基づく措置命令/消費者庁
3.「アイスクリーム頭痛」が起きる仕組みと予防法
4.合同会社アサヒ食品に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
5.植物性ナノ型乳酸菌SNK利用によるマウスTh17細胞の産生抑制を確認/IHM
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO