健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

エステの老舗が新機軸のフィットネス施設を開設


[2010/07/06]
エステの老舗が新機軸のフィットネス施設を開設

(株)シェイプアップハウス(東京都港区、下村朱美社長)が運営する「エステティックミスパリ」から誕生した新ブランド「ミス・パリ・スポーツ」が2010年7月6日、都内にオープンした。

同施設は、「美しく、しなやかなボディをつくる!」をコンセプトにしたフィットネスクラブ。従来の運動施設とは一線を画し、エステティックサロン運営25年のノウハウを活かし、“おもてなしの心”を大切にしたサービスを提供するなどで、差別化を図る。

「エステティックの運営を通し、私どもはお客様の心と身体を磨き多くの効果と満足を生み続けてまいりました。大切にしてきたのは“高い技術力”、“知識”、“おもてなしの心”。新しい展開となるこの施設でもそうした点をしっかり受け継ぎ、お役様が楽しく優雅にしっかりと効果を出し、通い続けられるよう注力しております」と同社担当者は説明する。

エステの老舗が新機軸のフィットネス施設を開設

豪華なシャンデリアのもと、コンシェルジェが迎えるエントランスは高級ホテルのたたずまい。明るく清潔感の漂う施設内にはところどころに観葉植物が配され、心が和む。導入する機器は全てが「最高レベル」とされるCybex社製。施設環境を最大限に快適とすることで、利用者の優雅さや楽しさを演出する。

最も力点を置く「おもてなしの心」については、アメリカのスポーツトレーナー、Debra Williams女史が総合プロデュースしたミスパリ独自のフィットネスメニューを提供。日本トップランクのパーソナルトレーナー陣が、利用者の目的やレベルにあったキメの細かい指導で、丁寧に対応する。さらに美に関する相談は、ミスパリのエステティシャンがフォローする。

同施設の小林トレーナーは、独自メニューについて「どんなときも姿勢を意識して、トレーニングを行います。それによって、体幹を意識した美しく、しなやかなボディがつくり出されます」とその特長を説明する。一般的なフィットネスでのマシンの使用が、比較的負荷を大きめにして筋肉を大きくする目的に対し、同メニューでは、負荷はほどほどにあくまで美しいボディライン作りに重きを置いている点で、大きな違いがある。

エステの老舗が新機軸のフィットネス施設を開設

施設下階には、ミスパリのエステティックサロンが入っており、同施設会員は、会員価格で施術を受けられる。美しく整えたボディラインに磨きをかけるには最適の環境で、美を追求する女性にとって、至れり尽くせりの施設といえる。

同社では、当面会員数100人を目指す。将来的には男性用への進出も視野に入れる。入会金は3万1,500円、月会費1万5,750円。パーソナルトレーナーは1回分8,4000円(50分)。まとめ買いで最大2割の割引がある。

なお、オープン記念として9月30日までの期間限定で、一か月分の月会費無料、パーソナルレッスン1回無料の特典が付く(毎月先着30人)。

つぶやく
関連ニュース
セ『ONE BY KOSE 薬用保湿美容液』を発売/コーセー
セ日中用の美白美容液(医薬部外品)を2016/2/1から世界各国で順次発売/資生堂
セプレ美容液「ディープケアエッセンス EX」を発売/マツモトキヨシホールディングス
関連ワードで検索
エステティックサロンフィットネスクラブ健康機器美容
ソ今週のアクセスランキング
1.三重県産の本真珠を溶かし込んだ美容酢
2.「大人の髪質」に着目した「新・パンテーン クリニケア シリーズ」発売
3.目もとと頬を輝きで彩るアイカラー、チークカラー新発売
4.日健栄協 / 「平成19年度日本健康・栄養食品協会交流会」を開催、健康食品のセミナーを行う
5.薬事法の規定に基づく医療機器自主回収のお知らせ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO